過去のブログ: 2013年7-12月 2013年1月-6月 2012年 

ジャンル:TRIMTEX inov8 グッズ 山遊び 山登り オリエンテーリング ナビゲーション  ロゲイニング トレイルラン ノルウェー つれづれ イベント お知らせ

オリエンテーリングに適したシューズは

オリエンテーリングでこだわるギアは?

地図とコンパスを駆使し森をかけめぐるナビゲーションスポーツであるオリエンテーリング。15-90分とトレイルランなどと比べると短い競技時間で1秒のタイムを競うため、なるべく身軽な格好で臨みます。競技中は給水ポイントがあることが多く、リュックサックなどは背負うことはほとんどありません。身に着けるのは走りやすい服装とシューズ、手に持つのは地図とコンパスのみ。ほとんど自分の身体1つ!とはいえ1秒でも早くフィニッシュするために工夫はしたいところ。ではどこにこだわるか

 

1 コンパス

2 シューズ

3 服装

4 ディスクリプションケース、ゲイターなどアクセサリー類

 

おのずとそうなってきそうです。今回はそのうちシューズのお話しです。

 

トレイルを外れることが多く、不整地の森の中でナビゲーションしていくオリエンテーリングでは、シューズもオリエンテーリングの特性にあったものを使用するのが良いでしょう。

・アウトソール(靴底)が固い ->踏み抜き防止

・アウトソールの高さは高すぎず ->捻挫防止、バランス確保

・滑りにくいグリップパタン ->地面をガッチリとらえ速く進む

・踏み抜きをしないようサイド(内側・外側、前面)のガードが頑丈ー>怪我の防止

・枝が入らないようメッシュの生地でないもの ->怪我、走りやすさを優先

・滑らないよう靴底に短いピンがついたもの ->速く走るため

 

オリエンテーリングが盛んな北欧では専用ブランドのシューズが展開されています。しかし残念ながら日本では手軽に購入することができません。近いものでトレイルランニング用のシューズがありますが、上記のことに注意して選ばないと怪我をしやすくなります。ただ軽ければよいというものではないのです。オリエンテーリングだけにとどまらず、同じナビゲーションスポーツである山をフィールドとしたロゲイニングやマウンテンマラソンなどにもあてはまるでしょう。

 

競技に適した安全なシューズを

O-Ajariではオリエンテーリングをするみなさんに、競技に適したシューズをセレクトし紹介しています。

取り扱っているinov-8は2003年、クロスカントリーが盛んなイギリスで立ち上げられました。数々のトレイルランシューズ、ランニングシューズ、クロスシューズを展開していて、オリエンテーリングで使うのに適したシューズもあります。不整地での走りを意識した作りのシューズは、通常のトレイルシューズに比べてサイドやアッパー、生地などが頑丈でグリップ力も強いものです。

 

選んだ4足は、展示会に足を運び、実際にシューズを目にし、担当者と話をしてセレクトしました。またモニターのトップ選手からも高い評価をいただいています。

軽いシューズは安全面でリスクをともなう場合がありますが、これらはアウトソールのグリップの良さをはじめ、生地、サイド、アッパーとも頑丈な作りとなっています。

 

Mudclaw300

X-Claw275

Arctic Talon275 ->ピン付き 今後国内取扱いなし。在庫のみ

X-talon212 ->上級者向け

 

最近のトレイルランシューズは軽量化が進んでおり、inov-8のシューズも例外ではありません。アウトソール(靴底)が薄いシューズもあります。リスク管理を心得たうえで、競技フィールドに適したシューズを選択し不整地でのラインの取り方を身につけて、安全に走れるよう自らの工夫も必要でしょう。

 

6/4(日)東大オリエンテーリングクラブ大会(静岡県裾野市)にて、会場限定の割引価格で販売予定しています。ご利用ください。

 

ウェブサイトからの購入はこちらから。

http://www.o-ajari.com/shoues/

 

ジュニアチャンピオンオリエンテーリング大会

本日、多摩オリエンテーリングクラブ主催のジュニアチャンピオンを決める大会が青梅市・飯能市周辺で開催されました。
見事チャンピオンに輝いた折橋旺選手、宮本和奏選手へInov-8のシューズX-Claw275を進呈しました。おめでとうございます!

このシューズはトレイルラン用ですが、トレイルだけではない不整地を走り、踏み抜きや枝が進入しやすいオリエンテーリングでも十分に耐えうるシューズとしてO-Ajariでも取り扱っています。

 

出店もしました。いつもウェブショップでしか扱っていない商品ばかりなので、”ここでしか見られないし買えない”と試着、試し履きなど多くの方にご利用いただきました。ありがとうございました。

会場販売をおこないます

今週末2/22(日)に、静岡県裾野市で開催されるオリエンテーリングイベント、早大OC大会の会場にてInov-8シューズ、TRIMTEXウェア等販売することになりました。特価品で提供予定です。
試着、試し履き等ををするよい機会、ご利用ください。
会場については下記大会ウェブサイトからご覧ください。駐車場の制限等ありませすので、ご注意くださいませ。

http://wasedaoc.oteage.net/35octaikai/index.html

会場販売、ご利用ありがとうございました

会場にて販売中
会場にて販売中

6/9(日)、東京大学オリエンテーリングクラブの大会会場で、主催者のご厚意により販売スペースを設けていただきました。ウェブショップでは注文は簡単ですが、実際に手に取ってみることができません。この日は朝から多くの参加者の方々がお見えになり、inov-8のシューズ、trimtexのウェア、グッズなどをご購入いただきました。

 

この1年でオリエンテーリングに適したシューズを、、とinov-8シューズの提供を展開していましたが、やっとみなさんに認知し始められたようです。ただのトレイルランのシューズではなくその競技にあったものを履いていただきたい、という私たちの願いが届き始めているでしょうか。

また、trimtexではゲイター(レガース)やパンツ、シャツなどをご購入される方も多く、そのスポーツや競技に特化したグッズはやはり必要と思いました。

 

年に何度かの会場販売ですが、機会があればご利用ください。価格ともにお得になっています。

表彰式。地元のすその水餃子をいただく
表彰式。地元のすその水餃子をいただく

ちなみに担当田島、肝心のレースは1年1か月ぶりでしたが、女子エリートクラスでなんと優勝しました!嬉しかったです♪

inov-8 X-TALON 212 世界選手権応援セール中

inov-8 x-talon 212
inov-8 x-talon 212

すでに先週からウェブサイトに掲載していますが、inov-8のX-TALON 212が、オリエンテーリング世界選手権、日本代表を応援しよう!としてセール中です。

6月末からはチェコでジュニア世界選手権、7月からはフィンランドでシニア、トレイルの世界選手権が開催されます。

 

ヨーロッパのオリエンテーリングイベントではトップ選手を含め、ICEBUG(スウェーデン)、INOV8(イギリス)を履いているオリエンテーリング愛好者がとても多くなってきています。もちろん老舗のVJ(スウェーデン)、生産中止となったJALAS(フィンランド)も履かれています。

 

日本オリエンテーリング協会のメインスポンサーはエバニューでICEBUGを扱っています。直接その配下にあるナショナルチームへの提供はTRIMTEX製品を始め控えさせていただいていますが、代表選手を始め、強化選手へは個別の特別割引価格で実施しています。それがサポートの1つとなれば幸いです。また中高生、大学生のオリエンテーリング愛好者、一般向けへもセール価格で販売しています。期間は7月末までを予定しています。

 

最近はオリエンテーリング専用のシューズではなくトレイルラン用、サッカーシューズをはいて森を走る愛好者も多くなってきています。ですが、よりオリエンテーリングに適したシューズを履いていただきたい、というTEAM阿闍梨からの願いもあり、セールとさせていただきました。

 

なお、注文ページにも記載していますが、X-TALON 212は、安全性を重視したがっちりしたつくりより軽量化を求めたつくりになっています。サイズUK8(26.0cm)でたった212gしかありません。底が薄く、アッパー、サイドの作りは皮を使ってはいますが薄いです。軽快に森を走ることがでますが、森のタイプ、森での障害物の避け方と進むラインの選び方の工夫など、ご自分のスキルや用途にあわせてご判断、お選びくださるようお願いいたします。

少し重いmudclaw300は在庫限りのセールとしていますが、こちらはよりがっちりしたタイプとなっております。

 

inov-8 x-talon 212

http://www.o-ajari.com/shoues/#cc-m-product-7488016070

 

定価 13,650円(税込み)

一般セール 11,000円(税込み)

ナショナルチーム強化選手 8,800円(税込み)

中学・高校生オリエンテーリング愛好者 9,800円(税込み)

大学生オリエンテーリング愛好者 10,500円(税込み)

#送料は別途、担当田島が行くイベント会場などで手渡しが可能

 

富士トリップ

多くの方がお休みだっただろうゴールデンウィーク。あんなにたくさん休んでいたのにもうお休みが恋しいのはなぜでしょう。みなさんはあちこちお出かけしましたか? 

 

担当の田島はお休みをいただいて富士山の周りを約50km駆け抜けてきました。TEMA阿闍梨が協力をしている6/1(土)-6/2(日)に開催の『アウトドアで培った行動力を武器に富士山麓でゴミを拾う会』(会員限定ですが参加方法、会員登録方法はそのページの仮要綱<PDF>に書かれていますので参加希望の方はご覧ください)のコースチェックでした。

 

小富士から気持ちよくダウンヒル
小富士から気持ちよくダウンヒル

このイベントは、リーダー村越主宰のNPO 法人Mnopと県立朝霧野外活動センターが主催。いくつかの指定された場所でゴミ拾いをしてくるのですが、そのスタート場所からゴミ拾い場所ーゴールまで自らの足で帰ってくることが必要です。それをつなぐと約95kmの富士山をぐるりと1周するロングトレイルとなります。ゴミ拾いながら何ヶ所か参加者の安全のためにスタッフが待機する場所もありトン汁をいただいたり、着替えをデポすることも可能だそうです。なんて贅沢なゴミ拾いなのでしょう!

イベントの趣旨のとおり、通常のトレイルランレースなどとは違い、そのゴミ拾い場所まで誘導テープもなければフラッシュもありません。しかし主催者からコースを記された地形図や丁寧な説明、写真などははきちんと渡されます。まさに己の力で進むゴミ拾いです。

 

奥に二ツ塚が見える。富士山には子どもたちがたくさん!TRIMTEXのチューブバンダナとアップルグリーンのジャケット
奥に二ツ塚が見える。富士山には子どもたちがたくさん!TRIMTEXのチューブバンダナとアップルグリーンのジャケット

今回は2日にわけて、御殿場方面から標高2000mまで上がり本栖湖方面まで。

 

わたし自身、初めてのルートもありワクワク。富士山はやっぱり火山なのだと思わせるエリア、信仰や歴史を感じさせるスポット、原生林が広がるゴキゲンなエリアなど、富士山はてっぺんに登らなくても魅力がたくさん!

たった50km、コースの約半分です。残り45kmも走ってみたい!のですが、当日はスウィーパーとしてみなさんの安全について少しだけサポートしながらイベントを楽しみたいと思います。

 

以下写真をどどーんと掲載。富士の森をお楽しみください。

御殿場口新五合目から登り始め。富士山はやっぱり火山なのだと思い知らされる。TRIMTEXのロングパンツとinov-8 x-talon212
御殿場口新五合目から登り始め。富士山はやっぱり火山なのだと思い知らされる。TRIMTEXのロングパンツとinov-8 x-talon212
須走口登山道5合目に向かう。踏み跡は薄い。晴れている日はまだいいが。。。ガスっていたり夜間なら方向維持が難しくなる。コンパスのベアリングで直進技術が使えるといい。
須走口登山道5合目に向かう。踏み跡は薄い。晴れている日はまだいいが。。。ガスっていたり夜間なら方向維持が難しくなる。コンパスのベアリングで直進技術が使えるといい。
途中き裂も渡る
途中き裂も渡る
標高2000m。小富士へ向かう森は雪が残る
標高2000m。小富士へ向かう森は雪が残る
小富士からのダウンヒル。山中湖、三国山など一望!
小富士からのダウンヒル。山中湖、三国山など一望!
馬返しに向かう林道も快適
馬返しに向かう林道も快適
富士山で最も古いとされる御室浅間神社(2合目)。周囲は富士吉田市だがここだけ富士山河口湖町 (旧勝山村)の飛び地。
富士山で最も古いとされる御室浅間神社(2合目)。周囲は富士吉田市だがここだけ富士山河口湖町 (旧勝山村)の飛び地。
馬返しから中の茶屋手前までの遊歩道も快適。TRIMTEXのPerformance LZRジャケット Apple Greenを着て走る。
馬返しから中の茶屋手前までの遊歩道も快適。TRIMTEXのPerformance LZRジャケット Apple Greenを着て走る。
馬返しのお猿さま。狛犬のかわり?
馬返しのお猿さま。狛犬のかわり?
富士山を見ながら旧船津口登山道を目指して林道を走る
富士山を見ながら旧船津口登山道を目指して林道を走る
東剣、西剣(標高約1550m)を経て精進口登山道へ。原生林の中のまっすぐなトレイル
東剣、西剣(標高約1550m)を経て精進口登山道へ。原生林の中のまっすぐなトレイル

原生林が広がる森を走る。ウェアは上半身はtrimtexの半袖(web shopにはないですが取り寄せ可能)、下はTrainer TXパンツ。頭に着けていたチューブバンダナは右手首に巻いて汗をぬぐうのと防寒に。(手首を温めることで冷えるのを防ぐ)。これ使えます。

リーダー村越も地図を見ながら走る。ウェアはTRIMTEXのFLEXシャツとロングタイツ
リーダー村越も地図を見ながら走る。ウェアはTRIMTEXのFLEXシャツとロングタイツ
ミツバツツジもキレイ
ミツバツツジもキレイ
途中富士風穴に寄る
途中富士風穴に寄る
1025.4mの三等三角点『下り山』にも道をそれて寄ってみた。ひっそりたたずんでいた
1025.4mの三等三角点『下り山』にも道をそれて寄ってみた。ひっそりたたずんでいた
東海道自然歩道に乗り換えて本栖湖をのぞむ
東海道自然歩道に乗り換えて本栖湖をのぞむ
本日のゴール割石峠。17:45ごろ。お疲れさまー。てっぺんに行かなくても大満喫な富士山なのでした。
本日のゴール割石峠。17:45ごろ。お疲れさまー。てっぺんに行かなくても大満喫な富士山なのでした。
0 コメント

mudclaw300

在庫限定、返品不可で販売しているINOV8のMUDCLAW300(\8,800.-)の在庫が残り少なくなってきました。

http://www.o-ajari.com/shoues/

 

INOV8はトレイルランニング、ロードのシューズを展開していますが、もともとクロスカントリーが盛んなヨーロッパのイギリスに本社があり、オリエンテーリングに適したシューズも製造しています。

TEAM阿闍梨では数あるシューズから、森の中で安全にかつ積極的にレースで走れるシューズをセレクトしています。その1つがMUDCLAW300です。

 

残念ながら、今後取引先でこのシューズの取扱いを中止となってしまうため、よいシューズをみなさんに履いていただきたいと価格を下げました。ピン付きシューズではない森の不整地を走るシューズとして、X-TALON212はやや玄人向けですが、MUDCLAW300は年配者まで多くの方に気に入られ、ご愛用していただいています。

おろしたてのMUDCLAW300!

先日のオリエンテーリング大会で、ご購入していただいた方にお会いしました。田島が学生の頃から古くから知っている方ですが、オリエンテーリングをやるのは久しぶりのこと、せっかく新しいシューズを買ったから大会に出てみよう!と思った、とのことです。 

なんだかとても嬉しいですね。黄色いシューズがとってもめっだっていました。

 

会場販売は6/9(日)静岡県裾野市で開催される東大OLKオリエンテーリング大会会場を予定しています。

シューズは同じものを繰り返して履くのでなければ、必ずためし履きをしてサイズを合わせたほうがよいでしょう。

ご購入をお考えの方は、ご利用ください。

0 コメント

inov8シューズ X-talon212をお買い上げいただきました

維新ランナーズのみなさん
維新ランナーズのみなさん

バリバリマラソンを走る維新ランナーズのみなさんですが、トレイルランにも挑戦しています。取り扱っているINOV8の、ロードシューズに近いソールが薄くて軽いX-TALON212に興味津々、多くのみなさまにお買い上げいただきました、ありがとうございました!