8月のお知らせ

いつもO-Ajariをご利用いただきありがとうございます。8月のお休みと送料変更についてお知らせいたします。

 

・夏季休業 

8/22(水)-9/2(日)まで長期休暇をいただきます。この間、発送、お問い合わせ、メール対応などできかねますので、ご了承ください。

 

・送料変更

日本郵便の送料改定に伴い、9/1のご注文分よりクリックポストの送料が185円に変更となります。(8/31ご注文分までは送料164円)

 

 

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

TRIMTEXウェアサポート 稲毛日菜子選手

 

8月より、オリエンテーリング世界選手権、日本代表の稲毛日菜子選手にTRIMTEXウェアをサポートすることになりました。これで土井陵選手(トレイルランニング)、尾崎弘和選手(オリエンテーリング)に続いて3人目となります。

(TRIMTEXサポートアスリートページ:https://www.o-ajari.com/trimtex/athlete/)

 

稲毛選手は、日本学生オリエンテーリング選手権でもチャンピオンとなり、世界選手権でもオリエンテーリングを初めて数年で決勝進出、そして今年6月にはロングの全日本チャンピオンとなりました。また積極的にスカイランニングのレースに出場し、今年のスカイ日本選手権では準優勝となりました。

 

稲毛選手は本日から開催されるオリエンテーリング世界選手権(ラトビア)のスプリントディスタンスに出場します。この種目には尾崎弘和選手も出場。

どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

スプリントディスタンス:スタート日本時間(現地時間)

稲毛日菜子15:16 (9:16)

尾崎弘和16:37 (10:37)

 

ライブ中継

https://woc2018.lv/

 

GPS中継

http://www.tulospalvelu.fi/gps/

 

Ra-shin1コンパスローズ再入荷しました

ミニマムコンパス”Ra-shin1 コンパスローズ” が再入荷しました。

https://www.o-ajari.com/compass/#cc-m-product-9123830770

 

コンパスってなんだか使うの難しい、という声を聞きます。Ra-shin1 は親指にはめオイル入りのカプセルに磁針のみがあるシンプルな作りで、方向確認や方向維持がしやすくなっています。

 

また、落とさないよう、指にはめなくても使えるように細紐を通す穴があること、カプセル内に3㎝の目盛りをつけ地図上で距離を把握できるようなっていることで、ちょっとした、でも嬉しい工夫がされています。

 

ハイキングや登山、ナビゲーションスポーツでの予備コンパスとして活躍するコンパスです。

TRIMTEX Extreme TRX Oショートパンツ Navy

TRIMTEX Extreme TRX Oショートパンツ Navy

https://www.o-ajari.com/pants/#cc-m-product-10000794170

 

数年ぶりにネイビーカラーが入荷しました。

通称スケスケパンツと勝手に言っているショートパンツは、七分(3/4)丈で、藪の中を進むのに生地が薄いながらも丈夫で破れることがあまりありません。なんでそんなスケスケなのに強いのでしょう。速乾性があり通気性もよく軽いので、暑い季節も重宝します。

 

オリエンテーリングやマウンテンマラソン、ロゲイニングはもちろん、夏はブヨや蚊を避けるのに使っているお客さまがいらっしゃいました(白山ジオトレイル)。生地がツルツルしていて肌に密着していないためか、攻撃にあわないようです。

ロゲイニングの帝王と呼ばれOMM JAPANの最上位クラスで3連覇している柳下大選手が着用し、主にナビゲーションスポーツや夏のランで好まれているパンツです。

 

後ろについているジップ付ポケットに、予備のコンパス、コンタクトレンズ、補給のジェルなど入れることができます。

 

TRIMTEX 2019ニューアイテム:シャツ

北欧ノルウェーのスポーツウェアブランド、TRIMTEXから2019新モデル、フラグシップモデルのFastシャツ、ジップ付Speedシャツ、カラフルな色合いの女性用Tシャツが入荷しました。

https://www.o-ajari.com/shirts/

 

Fast Tシャツは生地の薄さと軽さはもちろん、わきの下、背中部分をメッシュにすることによりベンチレーション機能を最大に引き出します。

 

フロントジップのついたSpeedシャツはイタリア製の生地とメッシュ生地を使ったユニークなシャツ。肩から背中、裾の部分がメッシュ生地に切り替えられ、ベンチレーション効果を高めます。

この2種類のシャツは、今年のUTMFで日本人最上位となったトップトレイルランナーの土井陵選手がレースで着用しています。特にFastシャツはお気に入りのようです。

 

いずれも数量限定のアイテムです。

 

TRIMTEX 2019ニューアイテムが入荷しました

北欧ノルウェーのスポーツウェアブランド『TRIMTEX』、やっと2019年ニューアイテムが入荷しました。

シャツ、ショーツ、タイツ、ジャケット、アクセサリーなど今の季節にぴったりなアイテムです。

 

かゆいところに手が届くような作り、イタリアやスイスを始めとした原産地にこだわった生地を使用するなど、ローコストよりも機能や着心地を重視している点は、TRIMTEXのぶれない姿勢を現しています。

 

いずれも少量入荷となっています。オンラインショッピングからどうぞ。

 

 

土井陵選手、フェアリートレイル:スーパーロングで準優勝

6/10(日)、滋賀県高島市周辺で開催されたトレイルランニングレース、”FAIRY TRAILびわ湖高島トレイルランニングinくつき”にTRIMTEXウェアをサポートしている土井陵選手が出場、スーパーロングクラスで準優勝しました。

 

レース中の土井陵選手
レース中の土井陵選手

4月末に富士山周辺で開催された100マイルレースUTMFから約2か月、調整など気にせず楽しむことを第一目標として走ったそうです。『コースはなかなかハードでしたがすごく楽しめました。結果も2位で目標クリアといったところでしょうか。』とのコメントをいただいています。

 

これで土井選手の今年前半のトレイルランニングレースは一区切り。8月、日本海から太平洋にアルプスを縦走するTrans Japan Alps Race(TJAR)出場に向けて準備を進めていくそうです。

 

そのTJAR出場のためには選考会を通過する必要があります。今週末6/23-24に南アルプス北部にて開催、無事通過すると本大会の出場となります。

TJARウェブサイト http://www.tjar.jp/

 

ご活躍をお祈りしています。

 

尾崎弘和選手、スカイランニングレースで入賞!

TRIMTEXウェアをサポートしている、現オリエンテーリング日本チャンピオン(ロングディスタンス)の尾崎弘和選手は、今シーズン積極的にスカイランニングに取り組んでいます。4月に行われたオリエンテーリング世界選手権(8月ラトビア)の日本代表選考会では、引き続き代表選手となり、スプリントディスタンスでの出場を予定しています。フィジカル、メンタル、外の世界で経験を積み、さらに成長する尾崎選手を応援したいものです。この週末はオリエンテーリング日本選手権が開催、ディフェンディんぐチャンピオンの尾崎選手がどのようなレースをするかも注目です。

 

尾崎選手からの報告が届いています。ご覧ください。

スカイスピード日本選手権(2018.6.10)で力走する尾崎弘和選手
スカイスピード日本選手権(2018.6.10)で力走する尾崎弘和選手

TRIMTEXサポート選手の尾崎です。4月~6月の報告をさせていただきたいと思います。

 

4月は、世界選手権の選考会がありました。

今年は、ラトビアで開催されます。私はスプリントに出場することになりました。スプリントは昨年から継続的な準備を進めてきた種目です。今年は目標としている世界選手権決勝進出を目指して取り組んでいきます。

今週末は全日本です。残りの時間を有意義に過ごし、集中した走りができるようにしていきます。

 

今シーズンは、オリエンテーリングに加え、スカイランニングも取り組み始めました。その結果も報告したいと思います。

今シーズンは、4月に新潟、5月に上田、伊那、滋賀、6月に菅平で大会に出場しました。

 

4月のレースは、粟ヶ岳を登山するレースでした。途中から雪が多く、走るのが難しかったです。ただ、初めてのバーティカルレースでトップ10入りを果たすことができ、さらに上を目指していきたいと感じるレースでした。

 

5月は、長野の上田でのレースに出場しました。このレースは、25キロ、獲得標高3000mというかなりタフなレースでした。私は、事前に試走を行っていたこともあり、いい走りができたと思います。ただ、最後に粘ることができず、結果は13位でした。かなりいいイメージのレースだっただけに残念でしたが、来年への課題、伸びしろとしてトレーニングしていきます。

 

6月は、菅平のレースがありました。

その中で、スカイスピードと呼ばれるスキー場300mを駆け上がるレースがありました。予選決勝方式で、上位2名が勝ち上がるレースです。私は予選、準々決勝、準決勝、決勝と走りました。

結果は5位。準々決勝、準決勝で力を出し尽くしてしまいました。

ただ、オリエンテーリングと違った、他のランナーと競り合う感覚、絶対に勝つという執念、3分弱にすべての集中を持っていくという感覚はとても新鮮で楽しいものでした。初めてのスカイランニングでの表彰はうれしいものでした。

来年はトップ3を目指して走ってきます。

 

今回はスカイランニングが多めの報告でしたが、次回はオリエンテーリングが中心になると思います。今後も宜しくお願いいたします。

びわ湖バレイスカイ
びわ湖バレイスカイ
粟ヶ岳VK
粟ヶ岳VK

TRIMTEX Trainer TXロングパンツもオーダーメイドOK

TRIMTEXオーダーメイドウェアのお問合せを多くいただいています。

 

・最小オーダー5着

・納期は2-3か月

・7月上旬より1か月製造支社は夏休み

 

秋のシーズンに着用するには6月3週目までの枚数、サイズ、デザインの確定をお願いしています。

既製品で人気のTrainer TXロングパンツもオーダーメイドが可能です。いくつかのクラブもオリジナルパンツを作りました。

TRIMTEXオーダーメイドの詳細はこちらから。

https://www.o-ajari.com/teamwear/

 

秋にお揃いのウェアにするには~TRIMTEXオーダーメイドウェア~

ノルウェーのスポーツウェアブランド、TRIMTEXではチーム・クラブのオーダーメイドウェアも提供しています。Tシャツからジップシャツ、ロングパンツやチューブバンダナ、キャップなど様々です。

納期は2-3か月、エストニア製造工場は7月始めからはほぼ1か月夏休みとなります。

秋のシーズンに着用希望でしたら6月中旬にはデザインを決定しご注文が必要です。どうぞお早めにご連絡ください。

 

https://www.o-ajari.com/teamwear/

 

写真)石井マウンテンマラソンにて。爽野の会のおふたり(Trailシャツでつくりました)

 

お休み明け、業務再開です

5/25(金)はお休みをいただいていましたが、本日より業務再開しています。

 

 この週末は静岡県東伊豆町にて石井マウンテンマラソンが開催、競技運営に携わっていました。天候にも恵まれ多くの参加者が”山力”にチャレンジし、ナビゲーション、キャンプを楽しまれたようです。

 

TRIMTEXのオーダーメイドウェア、ロングパンツ、ゲイターなどを着用されている参加者の方も多くいらっしゃいました。ヤブがちな季節と植生、お役にたてたのではないでしょうか。

 

写真)1日目フィニッシュにて。 TRIMTEX Trainer TXロングパンツ着用のお二人。

土井選手、Translantau100㎞で準優勝

3/2-3、香港・ランタオ島で開催されたトレイルランニング100㎞のレースで、土井陵選手が準優勝しました。
O-Ajariでは土井選手にTRIMTEXのウェアを提供しています。

 

DogsorCaravan.comのニュースによると、レース序盤で何者かによるコースマーキングの付け替え、エイドでの妨害行為等があったようです。土井選手もその影響を受け、コースロスト、一時トップから約40分離されたものの、巻き返して順位を2位まで上げました。その差わずかに1分。

いろいろありましたが全体で2位入賞しました。UTMFに向けてはいい流れになったのではないかと思います。

 

来月末開催のウルトラトレイルマウントフジ(UTMF)100マイルに、土井選手は久しぶりに出場します。

いいレースができますように!

 

(写真提供:土井選手)

スタート前の土井選手
スタート前の土井選手
表彰式にて。土井選手準優勝。
表彰式にて。土井選手準優勝。

送料変更のお知らせ

いつもO-Ajariをご愛顧いただきありがとうございます。

 

この度、配送利用している日本郵便のゆうパック送料変更に伴い、当方におきましても新料金を適用することにいたしました。

 

2018年3月1日より、下記の通り変更いたします。

 

現在  3/1より

600円  700円 --衣類等

800円  900円 --シューズ

 

送料変更に伴い、お客さまのご負担が大きくなってしまうことを心苦しく思います。

今後ともご愛顧いただけますよう一層尽力してまいりますので、なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

*クリックポスト配送は引き続き164円でご利用いただけます。

inov-8 X-TALON 230

 トレイルランニングではもちろん、オリエンテーリング界でも世界チャンピオンを始めとして多くの選手が履いていたINOV-8 X-TALON212。ロングセラーシューズとして愛され続けてきましたが、今年に入り、さらに進化したX-TALON 230がリリースされました。

 ソールの材質が改良され、Sticky Gripを使用したアウトソールやミッドソールにメタプレートをいれたことで212より少々重くなっています。しかし、これにより地面からの突き上げは212に比べダイレクトに受けずにすみます。しなやかすぎずかたすぎないソールは不整地を進むオリエンテーリングによりフィットするのではないでしょうか。

 

踏み抜きなどは、ソールの材質やメタプレートにより不安を少し払しょくできそうです。サイド、アッパーの頑丈な作りと泥や砂利、細い枝が入らなさそうな堅いナイロン製の生地は健在です。

 

O-Ajariではジュニアチャンピオン大会で優勝した森清選手、OMM JAPAN2018 ストレートAで総合優勝した柳下大選手に進呈しました。履き心地のコメントを寄せていただく予定です。

 

より進化したX-TALON 230, 今週末2/18(日)早大OCオリエンテーリング会場でお目見えします。

ウェブショップはこちらから。
https://www.o-ajari.com/shoes/#cc-m-product-9941167370

 

尾崎弘和選手:2017シーズン総括

TRIMTEXサポート選手の尾崎です。2017シーズンが終了しました。

今シーズンのまとめの報告をします。

 

今シーズンは、変化の一年にするべく、取り組んできました。具体的には、世界の選手と最も大きな差がある部分である、フィジカル(ランニングタイム、筋力)の強化に重点を置き、トレーニングを続けてきました。

 

結果は、よかった面もあれば、改善すべき所もあります。

 

まずよかった面についてです。

 

始めに、全日本ロングで優勝できました。この一年、全日本の優勝は大きな目標でした。特にロングは、オリエンテーリングの総合力が試される種目であり、そこで優勝できたのは大きな自信になりました。

 

 

次に、ワールドカップで昨年と違う感覚の走りができたことです。ワールドカップは非常にレベルが高く、結果を出すのは簡単ではありません。その中で、結果は出ませんでしたが、随所に今までの自分より早い自分を感じることができました。タイムを見ても、世界の中位に届きそうな距離であり、この感覚は初めてで、とてもうれしいものでした。

 

最後に、ランニングタイムが向上したことです。この一年大きな怪我無くトレーニングに励むことができました。その結果、3000m、5000mのタイムともに昨年から10秒以上縮めることができました。

 

改善すべきところは、まだ世界レベルに到達できるトレーニングが達成できていないところです。自分のトレーニングは、まだ世界のレベルには達していません。それでは世界の選手と戦うことはできないので、この冬は、怪我無く去年より多く、質の高いトレーニングを積んできます。

 

引き続き、よろしくお願いします。

TRIMTEX Strom Beanie

ノルウェーのスポーツウェアブランドTRIMTEX。この冬リリースしたビーニーはTRIMTEXとしては初のニット帽。スポーティーなイメージが強いTRIMTEXですが、そのギャップがいいですね。ゆるくタウンユースとして使えそうです。

 

ストレッチのある生地はアクリル100%。厚すぎずゴワゴワしていません。コーディネートしやすいライトグレーで、ちょこっと小さなTRIMTEXのタグが付いているシンプルなもの。フリーサイズなのでどんなかぶり方もできそうです。

 

 

トリムテックスらしい地味な工夫は、先を折っても折らなくてもTRIMTEXのタグが逆さまにならず、きちんと見せていること。どちらのかぶり方もきれいに見えます。こんな小さなこだわりがこのブランドのいいところです。

これから本格的な寒さが到来。頭も暖かくして、外に飛び出しましょう!


【限定】TRIMTEX Storm Beanie

 

●カラー ライトグレー

●素材  アクリル

●サイズ フリー

 

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

 

¥3,900

  • 売り切れ

11/25-26会場販売のお知らせ

今週末11/25-26 オリエンテーリングin朝霧(静岡県立朝霧野外活動センター:http://asagiri.camping.or.jp/diary/pg689.html

 

にて久しぶりに会場販売を予定しています。 あまり数は多くありませんが、コンパス、シューズ、在庫処分品等、セール価格で提供します。来場されるかた、ご利用ください。

コンパスいろいろ

春から何回かにわけてオリエンテーリングでこだわるギアとして、

 

1 コンパス

2 シューズ

3 服装 (タイツ・パンツについてはこちらから)

4 ディスクリプションケースゲイターなどアクセサリー

 

を上げましたが、今回はいよいよナビゲーション、レースの要となるコンパスについて。

オリエンテーリングに限らずナビゲーションスポーツのロゲイニング、アドベンチャーレース、OMM(Original Mountain Marathon)やアウトドアアクティビティ、登山でも活躍するので、それらを踏まえて紹介します。

 

みなさんはどんなコンパスを持っていますか?どのように使いますか?アウトドアショップで売っているプレートコンパスが一番!と思うでしょうか。

 

ここではコンパスの種類を分け、それぞれの特長や使い方を上げてみます。

 

 

コンパスといってもいろいろな種類があります。O-Ajariで扱っているものを含め、田島の中でこんな感じ!と整理してみました。

知っておくとナビゲーションもずいぶん幅が広がるのではないでしょうか。

 

磁針の止まりが速いプレートコンパス:2CLと2C。大きなレンズ付きは縮尺が小さい地図にも対応できる
磁針の止まりが速いプレートコンパス:2CLと2C。大きなレンズ付きは縮尺が小さい地図にも対応できる

プレートコンパス

ベアリングして(いわゆるコンパス1-2-3-4)直進する方法を知っていれば、より正確で距離の長い直進ができます。プレートの長辺が長いので、地図上の直進したい距離を測り、実際に直進をするとき前方の目標物を決めるのに優れています。登山ではこれを利用して山座同定や現在地確定ができます。

 

点から点に移動するために、より正確できっちりと直進をするためには、きちんとベアリングしてコンパスを地面と平行にしてお腹の前、そして頭を上げて進む方向の目標物を決めてから動くことがとっても重要です。

 

地図とプレートコンパスを片手で持つ場合は手のひらやコンパスの大きさにもよるのでやや工夫が必要かもしれません。どちらかの手に地図、もう一方の手にプレートコンパスの場合は、めんどくさがらずにこまめに整置する作業をしましょう。じゃないと方向を見失いやすい。付属のひもはレースなら手首にくくることをお勧めします。紐はぶらーんと長すぎても枝などに引っかかってしまうので、適当な長さに切ってしまいましょう。

 

首からコンパスをぶら下げるのはやめるように言っています。なぜ?道でも藪の中でも横から延びる気の枝などに引っかかって首が絞められてしまう可能性があるからです。こんなところも安全管理に目を向けたいですね。

 

O-Ajariでは2種類のコンパスを扱っています。いずれも磁針の止まりが速いタイプ。すぐに磁針が止まるので方向決定に時間を取られずすぐに動き出せます。

 

大きなレンズ付きのプレートタイプは細かい表現や地図が見づらいときに重宝しますが、いざ直進をするときは、直進方向の線が分断されているので注意しましょう。

 


モスクワコンパスサムタイプ2L
モスクワコンパスサムタイプ2L
モスクワコンパスサムタイプ2XL
モスクワコンパスサムタイプ2XL

サムコンパス

地図とコンパスを片手で一緒に持ち、常に地図の磁北線(あるいは北)とコンパスの磁針を平行にするか重ねることを意識していれば(ここ大事です、さぼったらダメ)、いつでも整置ができている状態になります。地図と現在地の対応、現在地確認、ルート維持にとても便利です。もう一方の手がフリーになるのもよいです。

 

一方でベアリングを使った直進はプレートの長辺が短いこと、またコンパスを持つ手首がぶれやすく影響されやすいので、慣れていないとどちらかに曲がりやすい傾向があります。本当にきっちり直進ができるようになりたい、その技術を身につけたいのであれば、まずはプレートを使ったほうがよいと思います。あるいはサムコンパスで直進をするなら手首の向きをいつも一定のフォームに固定するよう意識することが大事です。


O-Ajariでは2つのサムコンパスを扱っています。いずれも磁針の止まりが速いFastタイプです。方向決定がすぐできて、動き出すのに時間がかからないのでストレスがありません。磁針カプセルだけのStable(Fastより0.5秒遅いが安定度高い)タイプもあります。

 

写真で見るように、プレートの長辺は左の2Lのほうが長く、ベアリングを回す直進には向きますが、サムリーディングはプレートの先の部分でするなど工夫が必要。

右の2XLはサムリーディングが親指でそのままできるので現在地把握を始め、より整置を意識したい方に向いています。

 

プレートコンパスは紐がありザックや手首にくくることができますが、サムコンパスは親指にはめるもの。藪漕ぎをしているときにうっかり落としてしまうことがあるかもしれません(田島もこの間のロゲイニング世界選手権で紛失してしまいました)。高価なサムコンパスなら大打撃。細いゴムひもをつけて手首に巻き付けて落ちないよう工夫している友人がいました。参考にどうぞ

Ra-shin1
Ra-shin1

Ra-shin

 プレートのない、オイル入りの磁針のみのコンパスは、シンプルでビギナーの導入として、また方向を確認するのにぴったりです。余計なものが一切ないので磁針のみ注意を向けられます。地図と合わせて地面と平行にできるので正確な整置ができます。登山やトレイルランニングなどで、道を外さないことを前提とするときの方向維持や方向確認によいでしょう。

 

小さく軽いので予備のコンパスとしてファーストエイドキットと一緒に入れておくのもお勧めします。メインのコンパスを紛失、壊したとき、いざというとき役に立ちます。

 

Ra-shinは8方向のラインが入っているのと2㎝の目盛りがあるので、距離を測るのにも使えます。

 

Ra-shin1とRa-shin0の違い

磁針カプセルの色が黒(Ra-shin1は赤)

プレートの外側に小さな穴が開いていない(紐を通せるようにしてあるのがRa-shin1 )


 

 

リストコンパス

自転車、ストックを持っているとき、両手を自由にしておきたいとき、おおまかに方向を確認したいときに活躍します。レースのときは、実はあまりお勧めしていません。手首と地図の間に距離が生まれてしまい、正確な整置や方向確認ができないこと、手首の向きにより不安で固定がなかなかできないので方向決定の正確さに欠くからです。レースでなければ便利でよく使っています。

 

 

田島はどうコンパスを操っているか

30年以上に及ぶオリエンテーリング愛好者としてコンパスは必須。世界選手権を目指し世界と戦う中で1秒でも速く走るためにはどうするか。もちろんコンパスについてもあれこれ考えました。

 

20代前半までは子どものころから慣れ親しんだプレートコンパスを使っていました。だんだんと自分が強くなるにつれ、磁針の止まりが速い性能がいいプレートコンパスに変えていきました。

 

レース分析をしていくうちに、ミスが発生するときは整置をしていないことが多いのにあるとき気づきました。こまめに両手を使って整置をすることをめんどくさいとさぼっていたからです。そこからサムコンパスを使ってみることにしました。

 

先に書いたように、常に磁北線と磁針を平行することを意識して地図を持てば整置ができているので楽です。しかし今度は逆に正確な直進ができなくなりました。最初原因はわかりませんでしたが、手首の向きが都度固定せずバラバラなのでずれるのだと気づきました。それからきちんとお腹の前にコンパスを移動させてまっすぐ直進する目標物を定めること、手首の向きは、親指がお腹と垂直になることを意識して練習しました。今では表の黄色〇にあるように、サムコンパスでも正確に直進できます。でもここまでくるには相当な練習と時間がかかってます。

 

 

持つコンパスは1つでよいのか

シューズやウェアをコンディションによって変えるように、コンパスもレースなら競技の特性や自らのナビゲーションスキルと傾向で変えたほうがよいでしょう。田島の場合はこんな感じです。

 

オリエンテーリング: サム(モスクワ2L) + Ra-shin(予備:ポケットに)

 

ロゲイニング、 THE OMM:  サム(モスクワ2L) + プレート(1㎞以上の直進、夜間の直進、より正確な直進) + Ra-shin(予備:ファーストエイドキットに)

 

登山:Ra-shin or リストコンパス + プレート(予備)

 

 

コンパスは持っていればいいというものではなく、そもそも使い方を知らなければ意味がありません。

 

最初は磁針を使って方角がわかること、16方向パッとわかるようになること。

その次に整置

さらにその次に整置によるまっすぐな直進

さらにさらにベアリングして正確な直進

 

1に整置、2に整置、3、4も整置で5にベアリング使った直進!!

 

コンパスと仲良くなること。そのためにはきちんと練習が必要です。なんとなくではなくきちんとできるようになればナビゲーションの世界が広がり、また違う楽しさを見つけられるでしょう。

応援しています!!

 

レースで着用するパンツ・タイツ

TRIMTEXのパンツやタイツの種類がたくさんあること、どのようなレースやシチュエーションに向いているか、どのようなときに着ているのか質問がいくつかあるので、自分の着る状況等を整理して書いてみることにしました。

 

 

田島のフィジカルや戦績は、ご存知の方がいるかもしれませんが下記の通りです。

 

THE OMM(イギリス)

2014年 Aクラス出場 1日目タイムオーバー失格

2015年 Bクラス出場 2日目タイムオーバー失格

2016年 Bクラス出場 ミックスベテラン3位

 

日本のOMM JAPANは競技運営に携わるため、本国UKの視察、また競技者として自らの挑戦と過去3回出場しました。

 

なお2015年のTHE OMMはOMM JAPAN ストレートチャンピオンでもある柳下、上位の山田選手がEクラス(エリート)に出場しましたが、2日目タイムオーバー。2016年はOMM JAPANコースプランナーでもありトップオリエンテーリング選手の小泉・寺垣内選手がAクラスに出場し7位。国内ではナビゲーション・フィジカルとも高いわたしたちでも本国UKのレースでは厳しい戦いになっています。ちなみに一番下に昨年のTHE OMMのレース中の動画があるので興味ある方はご覧くださいませ。

 

トレイルラン等の実績は以下の通り。ここ数年全然出場していないのでどれくらいで走れるのかさっぱりわかりませんが、当時よりタフなのではと思います。でも今ぎっくり腰を抱えています。。

2009年 信越五岳トレイル(第1回) 16h51m

2010年 信越トレイルレース  6h26m

2012年 ハセツネカップ 13h04m

2012年 オリエンテーリング日本選手権ロングディスタンス日本チャンピオン

2010-2017年 ロゲイニング世界選手権出場(24hrs) 過去最高位 ベテランミックス7位

 

これらを踏まえて着用するパンツについて。

 

当たり前のことかもしれませんが、競技の特性や季節、その日の天候、気温、風の強さ、体調諸々に敏感になり臨機応変に変えることが大切ですね。また自分がどれくらい体力がありスピードがあるのか。動き続けていれば体は温かいですが、ペースが落ちたり、ナビゲーションレースならミスをすることでその場に止まり、体が冷えてしまう可能性があります。

 

それに加えて

 

動きやすさ(着心地の良さ)

レイヤーの考え方

機能性

 

のどれを優先するかにもよります。

レースモードかそうでないのか、体調によっても変わってくるので一概にこうだ!とは言えませんが、田島は、なるべく着ていること自体軽くしておきたいこと、お腹周りをすっきりさせたい(ゴムが2,3つもあって窮屈なのがいや)ことを優先しています。

 


OMM JAPAN ストレート総合3連覇している柳下選手は、11月のOMM JAPANでも着用。
OMM JAPAN ストレート総合3連覇している柳下選手は、11月のOMM JAPANでも着用。

 

 

(+ 雨具)

Extreme TRX O ショートパンツ

ショーツ(インナー付き)の上に着用。主に30分-2時間までのオリエンテーリング、3-12時間ロゲイニングなど春から夏、初秋に着用。ポリエステルの生地はスケスケで薄く速乾性があるので、軽くて涼しい。薄いにもかかわらず藪などに強いので、タイツの保護のためその上に履くこともある。


+ 膝までのロングソックス



 

 

+ 雨具

Trail 3/4タイツ(入荷予定)

主に秋ー初春シーズンの30分-2時間オリエンテーリング、3-6時間ロゲイニング、夏の24時間ロゲイニングなどで着用。脚の筋温、体温を下げないようにしたいとき。

 

+ 膝までのロングソックス、ショートソックス



ロゲイニング世界選手権2017
ロゲイニング世界選手権2017

 

 

+ 雨具

Trailロングタイツ(入荷予定)

 

秋冬のオリエンテーリングやロゲイニング、夏の24時間ロゲイニングで着用。脚全体の保温、体温の維持など。

 

+ロングソックス、ショートソックス



チクチク草があったのでショートパンツの上からTrainerパンツ着用。砂漠気候は昼は暑いが夜冷える(ロゲイニング世界選手権2016)
チクチク草があったのでショートパンツの上からTrainerパンツ着用。砂漠気候は昼は暑いが夜冷える(ロゲイニング世界選手権2016)

 

 

+ 雨具

Trainer TXロングパンツ

 

これ1枚でレースに出ることはあまりなく、トレーニングや普段着、登山のときに着ることが多い。ロングレース(24時間ロゲイニング、 THE OMM)では予備のレイヤー、キャンプ地のテント内着用としてザックにいれておくことが多い。



 

 

+ 雨具

Trailロングタイツ + Trainer TXロングパンツ

 

24時間ロゲイニングや THE OMM、登山時よくある組み合わせ。晴れていたり気温が高かればすぐ脱げるように、寒く気温が低ければ着られるようにする。
雨具着用時は、気温によってTrainer TXロングパンツは脱いで、タイツの上に雨具を着用することもある



ウィンタータイツの上から雨具着用(THE OMM 2016)
ウィンタータイツの上から雨具着用(THE OMM 2016)

 

 

+ 雨具

Advance winterロングタイツ

 

晩秋ー厳寒期のレース:オリエンテーリング、ロゲイニング、THE OMMで着用。1枚でも起毛した裏地のおかげで暖く、お腹周りにストレスなく済むので最強の大好きなタイツ。



 

 

+ 雨具

Advance winterロングタイツ + Trainer TXロングパンツ

 

晩秋ー厳寒期で気温が低いロゲイニング、THE OMMなどのロングレースで着用。気温が高くなれば抜いてタイツ1枚になるようにする。雨具を着るときはTrainer TXロングパンツは脱いでタイツ+雨具の場合あり



 

 

+ 雨具

Pulse pants

 

まだレースでは未着用。トレーニングに使用。レースで着るとしたら晩秋ー厳寒期のロゲイニングやTHE OMM、そうでなければ冬の低山ハイキング。この上に雨具は少しお腹や腰回りがごわごわしそうだが、雨が降らなければこれ1着で保温と防風ができるので、タイツ+Trainer TXロングパンツよりお腹周りはすっきりして動きやすく良いと思う。


 

どんなパンツ、タイツがいいか、組み合わせがいいかは、結局は目指すレース前にいろいろとトライしてみるのがいいのでしょうね。わたしもいろいろやってみてここまできました。直前まで悩んでいることも多いです。

 

レイヤー重視  暑かったり寒かったりしたら脱げるのがいいが2枚着用時はお腹はゴワゴワする

着心地重視   1枚ならお腹周りのストレスはないが、寒くても暑くても我慢しなくてはならない。

 

誰々がこういうスタイルだから自分も!とか、いつものスタイルで!ではなく、コンディションや天候等を把握してよりベターなウェアを着られたらレースも山遊びもより楽しくなりそうです。TRIMTEXのアイテムはきっとそんなお助けができると思っています。

 

おまけ THE OMM 2016 UK レース中の動画

TRIMTEX Cloudy Hoodie/Crew neck

ノルウェーのスポーツウェアブランド、TRIMTEXがこの秋リリースしたカジュアルなフーディーと、クルーネック。トレーニングの前後に、街着として重宝しそうです。機能性を重視するTRIMTEXだからこそ、このアイテムもそれを生かした仕上がりになっています。

 

 

よく見るグレーのフーディーは、コットン生地で着心地はよくとも生地が厚かったり、やや重さを感じたりするものが多いかもしれません。このフーディーは

 

・ストレッチの効いた伸縮素材

・370gと軽量(ユニセックスSサイズ)

・薄い生地 

・速乾性あり

フーディー・クルーネックの表地と裏地
フーディー・クルーネックの表地と裏地

 

となっています。

素材の83% Polyester、17% Elastinといえば、これからの季節活躍するBi Elastic air キャップやヘッドバンドと同じもの。ユニークな生地を使うのはTRIMTEXの得意とするところです。この生地を織っているメーカーはイタリアのMITI SpAで、1931年設立と歴史あり実績のある会社です。

 

そのような素材により、このフーディーもだぼったした印象にならず、体のラインがきれいにでて着こなせます。

 

薄い生地で作られているので、重さは370g(ユニセックスSサイズ)。ストレスを感じません。

 

それにしても前面のポケットが大きいのがいいですね。わたしは指先がすぐに冷たくなってしまうので、寒いときとっさに温められるのが気に入っています。

 

トップトレイルランナー土井陵選手が思わず可愛い!といってしまう限定入荷のフーディー、残念ながらユニセックス・女性用ともにSサイズのみの在庫となってしまいましたが在庫があります。

 

 

同じ生地でクルーネックもあります。こちらもすでに女性用Sサイズ(240g)のみの在庫となっています。

Cloudy Hoodie と Crew neck
Cloudy Hoodie と Crew neck

TRIMTEX Luxor Hoodie ニューカラーリリース

 

TRIMTEXは北欧ノルウェー発のスポーツウェアブランド。元々オリエンテーリングのウェアから始まり、地味ながらも素材のよさ、工夫された機能などでコアなファンがいます。

 

ノルウェー人の国民性なのか、ウェアのカラーには無頓着のようで、ブラックやグレーといった地味な色合いが多くを占めています。透き通るような肌、明るいヘアカラーなどからそれだけで目立つので、きっとウェアが派手じゃなくてもいいのかもしれません。

 

TRIMTEXもシンプルで余計な飾りや機能をそぎ落としレースやトレーニングに特化したウェアがほとんどです。しかし、あまりにそっけなさすぎないか、ちょっとはおって街に出かけたり、オフのときに着ていたいアイテムがあってもいいんじゃないか、そんな声が本社に届いたのか、この2,3年、冬のシーズンにトレーニング・レース用とは違ったカジュアルなウェアが登場しました。

 

今回紹介するのはニューカラーのLuxor Hoodie。去年までメンズはグレーとライトグレー、ウィメンズはライトグレーとダークピンクでした。こちらも好評で多くのみなさまにご購入いただきました。

今シーズンはメンズウィメンズともブルーがリリース。ありそうでなかったカラーですね。これからの季節アウターはブラックやブラウン系が多くなりますが、少しでも彩があると気持ちも華やかになるかもしれません。

 

Luxor Hoodieのとっても気に入っているところは、なんといっても肌触り。ふわふわな感触は気分もふんわりしてきます。

反面、とてもデリケートな生地なので、取扱いには十分に気を付けたいところです。

 

このHoodieはLYCRA Sportで作られている生地で、品質のよいものです。起毛生地の重量は重いと思いきや、400gを切るので羽織ってもあまり気になりません。

 

両サイドには大きなポケットがあります。ジップとともに目立たない仕様になっています。また裏地はメッシュ仕様なのでお腹周りがゴワゴワしません。こういった地味な工夫はスポーツウェアと一緒でTRIMTEXの得意とするところです。

 

トレーニング前後に、ちょっとはおって街にでかけるのにも使えるフーディー。

レースバリバリ、Trainer TXロングパンツだけではない、TRIMTEXの秋冬のアイテム、各サイズ数着限定入荷しました。

 

女性用はこちらから(sサイズのみ)

https://www.o-ajari.com/tracksuits/#cc-m-product-9603576870


【限定】TRIMTEX Luxorフーディー ブルー

 

●カラー ブルー

●素材 Polyamide 78% Elastan 22 % from Lycra sports

●重量 390g

 ●unisex

 

Newカラーのブルー。トレーニングや街着にも最適な薄いフリース素材のフーディー

適度な保温性と動きやすさを兼ねたフリースジャケット。起毛された裏地は肌に直接あたっても心地よい感触。ストレッチ性があるため、着用によるストレスがありません。袖先にはサムホールがついていて、寒い時でも手を冷やさない工夫がされています。左右には目だたぬよう大きなジップ付きのポケットがついています。裾や袖先のふちにあるブラックのテープにはさりげなくTRIMTEXの文字が入っています。

保温性のあるミッドレイヤーとして、トレーニングはもちろん、ちょっとはおって街に出かけるのに幅広く活用できそうです。

 

#柔らかい生地のため取り扱いには十分にご注意ください。

 

¥12,960

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-4日

ニューカラーのチューブバンダナ

ニューカラー・デザインのチューブバンダナが久しぶりにリリースされました。

 水色、ブルー、ピンクのチューブバンダナはTRIMTEXロゴマークが両側にあるシンプルなものです。ブラックはロゴマークがちりばめられています。

 

ヘッドバンドやキャップとして、首元、口元、手首も温められる万能なチューブバンダナ、たくさんの使い方があります。これからの季節、外で活動するのに持っておくと便利な1枚です。


TRIMTEX チューブバンダナ(水色)

 

寒さ、風、太陽からも守ることができるいろいろな使い方ができるチューブバンダナ。通気性あり、速乾性のある素材から作られています。

商品の詳細レポートはこちらから。

 

●カラー 水色

 

●素材 ポリエステル100%

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥1,944

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-4日

TRIMTEX チューブバンダナ(ブルー)

 

寒さ、風、太陽からも守ることができるいろいろな使い方ができるチューブバンダナ。通気性あり、速乾性のある素材から作られています。

商品の詳細レポートはこちらから。

 

●カラー ブルー

 

●素材 ポリエステル100%

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥1,900

  • 売り切れ

TRIMTEX チューブバンダナ(ピンク)

 

寒さ、風、太陽からも守ることができるいろいろな使い方ができるチューブバンダナ。通気性あり、速乾性のある素材から作られています。

商品の詳細レポートはこちらから。

 

●カラー ピンク

 

●素材 ポリエステル100%

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥1,944

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-4日

TRIMTEX チューブバンダナ(ブラック)

 

寒さ、風、太陽からも守ることができるいろいろな使い方ができるチューブバンダナ。通気性あり、速乾性のある素材から作られています。

商品の詳細レポートはこちらから。

 

●カラー ブラック・グレー・ホワイト

 

●素材 ポリエステル100%

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥1,900

  • 売り切れ

TRIMTEX Pulse Pants

人気のTrainer TXロングパンツの冬バージョンのようなロングパンツの登場です。

もともとスキーヤーのためにつくられていますが、ランナーやハイカーにもお勧めできる1枚として限定少数取り寄せました。昨年10月、ノルウェーのTRIMTEX社を訪ねた際、一目惚れてしまいました。

 

厳寒期、外でトレーニングやアウトドアアクティビティーをするときに、ボトムは(アンダー)タイツ+風を通さないシェルパンツなど重ね着をすることが多いですよね。このパンツは1枚で済ませることができる仕様なので、めんどくさがりやさんや脚周り、腰回りをすっきりさせて体を動かしたいときにぴったりです。

 

立体裁断されているので、ひざ周りを始めスムーズに動かせます。前面は防風、撥水性に優れ、その裏地はやわからいやや厚めのメッシュ生地を全面にあて、保温と吸汗性を高めます。後面はストレッチが効いた前面とは異なる生地で、裏起毛されており、暖かさを確保します。サイドのジップは腰の高さまであり、シューズの着脱を容易にします。前面の右サイドにはジップ付きのポケットがついています。

前面のスネには反射テープを取り入れ、暗い中でも目立つようになっています。前面右側のTRIMTEXの文字や後面のふくらはぎにあるTRIMTEXロゴも同様に反射される塗料を用いて車などから存在が目立つよう安全を確保。

 

AdvanceウィンタータイツとTrainer TXロングパンツを合わせたようなパンツです。

 

シルエットはタイツに近くタイトなので、着用サイズは日本サイズを、余裕をもってゆったり着たい方は1つ上のサイズをお勧めします。また股上がやや浅めです。

#モデルは身長170㎝でMサイズを着用しています。

TRIMTEX Pulse Pants

 

●カラー Black

●素材  ポリエステル

●重量  309g(Sサイズ)

#2018年はTRIMTEXロゴマークがホワイトとなっています

 

S 丈96cm  股下76㎝ ウェスト75㎝(ゴムが伸びていない状態)

M 丈98cm  股下78㎝ ウェスト77㎝(ゴムが伸びていない状態)

L 丈101cm  股下81㎝ ウェスト79㎝(ゴムが伸びていない状態)

 

ゆうパックでのお届けです

¥16,200

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-4日

TRIMTEXオーダーメイド

ノルウェーの小さな町からスタートしたTRIMTEX

ノルウェーのスポーツウェアブランドTRIMTEXは今から40年前、1976年に南ノルウェー地方のLillesandで立ち上げられました。
最初は北欧発祥のナビゲーションスポーツ、オリエンテーリングのウェアを作ることからスタート。たった50人にも満たない小さなカンパニーながら、そのウェアは北欧を始めヨーロッパ、アジアまで広がりました。今ではノルウェー本社、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、エストニアと支社があります。

 

スポーツ部門もサイクリング、クロスカントリースキー、ラン、そしてヨーロッパで人気のあるフィットネスに展開、高品質の生地と機能性の良さで、知る人ぞ知るファンを獲得しています。

 

TRIMTEXのウェアは生地の調達から製造までEU圏内で行われています。生地の質について他ブランドではあまり注目されていませんが、TRIMTEXではイタリア、スイスのメーカーから質の良い生地を取り寄せています。そしてバルト三国の1つであるエストニア支社で製造されています。

 

さて、そんなTRIMTEX、既製品のセールスもしていますが、得意なのは自由自在にカラーやロゴを忠実に再現するチーム・クラブウェア。いわゆる”オーダーメイドウェア”です。

名大・椙山女大オリエンテーリングクラブ同期メンバーのみなさん
名大・椙山女大オリエンテーリングクラブ同期メンバーのみなさん

自由自在のオーダーメイド

TRIMTEXの既製品ウェアと同じものをクラブ・チームウェアはミニマム5着から作ることができます。ただし納期は2か月ほどいただいています。イメージのデザイン、カラーをお伝えいただくと、TRMTEXのデザイナーがデザイン案を作ります。それを3Dの立体画像で確認するので、イメージもわきやすいと好評です。サンプルURLが下記にあるのでご覧ください。

 

またシャツについてはデザインサンプルが約20種類あるので、そこから選ぶこともできます。

TRIMTEXデザインサンプル

このウェアの3D立体画像をウェブから確認できます。

http://preview.trimtex.ee/project/59196106eebf7/59196166b9b27


人気のロングパンツもオーダーメイドOK

秋冬シーズンにトレーニングやアウトドアフィールドで使いたいロングパンツ。TRIMTEX Trainer TXロングパンツはオリエンティア、ランナー、サイクリストのトレーニングジャージとして長年にわたって好評いただいているロングセラーアイテム。ここ数年はハイカーの方々にも愛用いただいています。既製品のシンプルなブラック、ネイビーはオンラインショップからご購入いただけますが、ちょっと納期はかかりますが、オーダーメイドもできまるのです。

クラブ・チームで、仲間内でオリジナルのロングパンツもいいですね。さっそく田島はTEAM阿闍梨・Club阿闍梨のロゴマークを使って作ってしまいました。

オーダーメイドについての詳細はこちらからご覧ください。
TRIMTEXオーダーメイド
価格表


ノルウェーに滞在しています

Spatind, Oppland, Norway.  2017.8.22
Spatind, Oppland, Norway. 2017.8.22

8/15より9/3まで長期のおやすみをいただいており、ご迷惑をおかけしております。8/18-19にラトビアでロゲイニング世界選手権が行われ、それに出場してきました。ロゲイニング世界選手権には今回で5回目の出場、日本のトップナビゲーターとして村越氏とともにメダル獲得を目指しましたが、23位に終わりました。ピーキングとパフォーマンスをきっちりと発揮することはいつでも難しいものです。ただ与えられた環境の中で、チームの最大の力を引き出すようにしたことは評価できるでしょう。

 

さて、競技者モードから一転して休暇を兼ねてノルウェーに渡りました。昨年10月にTRIMTEX社を訪ねた時は、初冬で雪も降り気温も0度。しかし7年ぶりに訪れた夏の季節は晴れた日が多く、気分もごキゲンです。

 

今回もオスロ空港からアクセスしやすい、車・列車で2時間ほど北北西にあるリレハンメル、そうリレハンメルオリンピックが開催された小さな街へ。そこからさらに30分山の中に入っていくと現れる小さな集落、Nordseterに滞在しています。

Nevellfjullet, Lillehammer, Norway 2017.8.21
Nevellfjullet, Lillehammer, Norway 2017.8.21

昨年10月はあたり一面真っ白で何も見えませんでしたが、今回はこのようなすばらしい景色が広がっていました。滞在のアパートメントからたった4km、のぼりは200m程度で標高1089mのNvellfjulletに到着します。ノルウェーは緯度が高いため、標高850mぐらいで森林限界に達してしまいます。日本ではアルプスなら標高2800mを越えないと難しいですから、楽といえば楽ですね。そもそもやっぱり日本の山は急登だな、とこちらに来るたびに思います。

この日は曇り。スタートしたのは午後2時を過ぎてから。往復4時間で帰ってきたのは午後6時。それでもまだまだ日は高く、夕方という気がしません。今の時期日の入りは21時なので、明るい時間が多くたっぷり外で遊び、トレーニングもたっくさんできます。現に下山するときに登ってくる人たちもいました。日本の夏は雷雨が多いので、早出、早い到着が望まれます。こういった気候の違いも慣習の違いに現れます。ノルウェーの山小屋の朝食は8時が基本。日本の山小屋では考えられません。

 

またオリエンテーリングクラブの夏の平日トレーニングは仕事が終わってから19時ごろから森で、というのは普通。明るいので森でのナビゲーションができてしまいます。うらやましいですね。

Spatind, Oppland, Norway.  2017.8.22
Spatind, Oppland, Norway. 2017.8.22

2日目は少し足を延ばして、リレハンメルから西に50km、Lingensenから標高1414mのspåtindというピークへ登ってきました。ハイキングマップでは360度の景色が見られるビューポイント。とってもよいお天気、その代わり気温は5度あるかどうか。
このピークからはノルウェーで一番高い山Galdhopiggen(2469m)、Jotunheinmen国立公園の山域やRondane国立公園の山域を望むことができます。しばしその雄姿に見とれていました。

 

フィールドはすでに草紅葉も始まり、秋の気配が感じられます。

海外で登山、ハイキングというとスイスやカナダ、ネパール方面が有名ですが、ここノルウェーも目立ちはしませんが、訪れるにはとってもいいエリアです。車を運転していると歩道ではバイクやクロスカントリースキーでトレーニングしている人が目立ちます。

 

その国に訪れるとブランドのコンセプトがよくわかる。TRIMTEXもノルウェーのお国柄がよくでていると感じます。

滞在中のアパートメントより 夕日
滞在中のアパートメントより 夕日

もう数日滞在し、帰国します。ご注文品については整い次第準備を進めますので、ご迷惑をおかけしていますがお待ちいただきますようお願いいたします。

 

お休みのお知らせ

 

7/29(土)-8/1(月)、8/14(月)-9/3(日)まで長期休暇をいただきます。この間webからのご注文はお受けできますが、発送、メール対応等はできかねますのでご了承ください。

 

 

暑い日が続きます。アウトドアシーズン真っ盛りですが、自らの安全を気に留めながら楽しんでいただけたら幸いです。

少しでもお役に立てますように。

日本ナショナルチーム強化選手への寄附金のご報告

日本ナショナルチーム強化選手へのサポートとして昨年から行ってきましたチューブバンダナの売上の一部を寄附するキャンペーン、日本オリエンテーリング協会へ送付しました。

500円 x 100名 = 50,000円の寄附をしています。

 

下記の協会ウェブサイトに報告されています。(PDF)

http://www.orienteering.or.jp/joa/kifu_2016report.pdf

 

サポーターとしてご賛同していただき、ご購入していただいたみなさま、ありがとうございました。

 

引き続きサポートとしてチューブバンダナを販売しています。よろしくお願いいたします。

https://www.o-ajari.com/accessory/#cc-m-product-9105836470

 

さて、エストにアで開催中のオリエンテーリング世界選手権も今日が最終日。国別対抗リレーが行われ、日本からも男女3選手が出場します。TRIMTEXサポートアスリート尾崎選手も走ります。

 

リレーは3人1チームで、第1走者が与えられたオリエンテーリングコースを全部回ってきて次の次走者にタッチしスタートしていく、という陸上のリレーと同じやり方にただ走るだけではなくてオリエンテーリングをして戻ってきます。男子13:00スタート(日本時間19:00)、女子は15:00(同21:00)スタート。ライブリザルトは下記URLより、GPSトラッキング(有料)も見ることができます。

ライブリザルト http://r.emit.live/followfull.php?comp=12631&lang=en

GPSトラッキング・テレビ中継(有料) https://liveorienteering.com/#/live?id=5742


【限定】TRIMTEX オリジナルチューブバンダナ(グレー&グリーン)

 

O-Ajariのオリジナルデザイン、TEAM阿闍梨ロゴがあるプレミアム版

寒さ、風、日差しから守り、バンダナ、キャップ、リストバンド、ネックウォーマーといった街でもスポーツシーンでもいろいろな使い方ができるチューブバンダナ。通気性、吸汗性、速乾性のある素材ポリエステルから作られています。

 

カラーはグレーに全体が引き締まるよう深いグリーンのラインを入れました。地味すぎず派手すぎずアクセントにオレンジのフラッグ効いて、広い年代にわったて男性にも女性にも合うのではないでしょうか。

全体にオリエンテーリングのコントロール位置説明記号とフラッグをちりばめています。この記号は世界共通。尾根、沢、ピーク、鞍部、藪、湧水点、植生界などを意味する様々な特徴物の状態、フラッグの位置の記号が含まれています。言葉がわからなくてもこの記号の意味がわかれば、海外のオリエンテーリング大会にも参加できてしまいます。最初はわからない記号もこのチューブバンダナを見ながらだと楽しく覚えることができかもしれませんね。

 

さらに、TEAM阿闍梨のロゴマークをTRIMTEXロゴの横に入れ、阿闍梨になるべく修行僧もちりばめたプレミアム版の限定チューブバンダナです。

販売価格のうち一部を日本オリエンテーリング協会ナショナルチームの強化選手にサポート費として寄付します。
よって、お買い上げいただくと、自動的に選手のサポーターとなります。

 

コントロール位置説明記号一覧表を同封します。

ウェブサイトよりPDF版
http://www.orienteering.or.jp/archive/rule/JSCD2008.pdf

 

●カラー グレー、グリーン

●素材 ポリエステル100%

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

 

¥2,400

  • 注文可能
  • 配送期間:3-4日

脚を守るゲイター

スネの保護とガシガシ走るために

 

オリエンテーリングを始め、山中をかけめぐるナビゲーションスポーツではいつも見通しがいい森の中を進むわけではありません。時には藪の中を、ごつごつした岩の間を、足元の悪い地面を行く場合があります。

先日オリエンテーリングでは重要なアイテムとして、

 

1 コンパス

2 シューズ

3 服装

4 ディスクリプションケース、ゲイターなどアクセサリー類

 

を上げましたが、今回はゲイターについて

 

この20年のTRIMTEXのゲイターの進歩はすさまじく、とても使いやすいものになりました。

ゲイターは

・コンディションの悪い倒木、岩場などで打撲や裂傷から脛を守る

・思っているより軽い

・前面はクッションになるようスポンジが入っている

・後面はストレッチ素材でぴったり筋肉に沿い、ストレスがない

・オリエンテーリング世界チャンピオンも愛用

 

 

 

ここしばらく世界のトップ選手が履いているのは見られなかったので少し驚いています。足場を躊躇してスピードが落ちるより、気にせずガシガシ進み、1秒でも速くフィニッシュしたい、そんな思いがあるようです。さらには装着しても重さがストレスにならないというのが大きいのでしょう。

 

そうでなくても怪我から脚を守ることはもちろん、普段の生活で女性ならスカートをはくのにアザや傷だらけの脚は見せられない、、という声もあります。

オリエンテーリングを始め、ロゲイニング、アドベンチャーレース、とれとれバイクを楽しむ方々にも好評です。

1つ持っておくと便利なアイテムです。

スネにあたる前面にソフトなウレタンが入っています

トップはゴム素材でずり落ちないようにしています

ゴム素材の裏側も滑らないような素材を使っています。凝ってますね

後ろ面はストレッチ素材でふくらはぎに沿って伸縮するのでストレスなし

足元は足裏に引っ掛けるようにしています



Speed TRX Oゲイター(ブラック)

 

進化した軽いゲイター(レガース)

ゲイター/レガースというと重いイメージがあり、走るのにはストレスがたまって使わない、という声をよく聞いていましたが、現在のレガースはものすごく軽くかつ耐久性のある作りになっています。

前部分は、TRXロングパンツと同じ生地microfiberを使い、後ろ部分は ストレッチ素材でメッシュのライクラ(lycra)を使用しています。

ずり落ちないようトップの部分はゴムと裏面に滑り止めテープが貼られています。前面のすねの部分にはポリウレタンを入れ、倒木や岩からの打撲、怪我を防ぎます。ぴったりのサイズのゲイターを選べば、足場の悪い不整地もアグレッシブに進むことができるでしょう。

画期的なゲイターです。

サイズ 実寸を測ってみました。おおよそですが

 XS 丈27cm ふくらはぎ一番太い部分 28cm
 S 丈29cm ふくらはぎ一番太い部分 31cm

 M 丈30cm ふくらはぎ一番太い部分 32cm

 L 丈31cm ふくらはぎ一番太い部分 34cm

 

●カラー ブラック

●素材 Microfiber, Newport lycra

 

【クリックポスト可】

日本郵便のクリックポスト(164円)で発送が可能です。(クリックポストはA4サイズ、厚さ3cm、1ggまで)

・その場合のお支払いは、銀行振込に限ります。

・お届けは発送から2~4日後に住所の郵便受けに投函されます。

・通常の時間指定発送の場合はゆうパックの¥610となります。

¥4,536

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-4日

オリジナルデザインのトラックスーツ

オリエンテーリングやランニングチーム/クラブのオーダーメイドシャツで好評の、ノルウェースポーツウェアブランドTRIMTEX。実はトラックスーツ(トレーニングジャケット・パンツ)もオリジナルデザインが可能です。秋冬お気に入りの1着のために今からご準備を。気が早いと言われそうですが、納期に約2か月かかるためです。しかももうすぐ1か月の夏休みが始まります。

 

オーダーメイド・オリジナルデザインのプライスリストはこちらから。

https://www.o-ajari.com/teamwear/price/

ディスクリプションホルダー

TRIMTEXサポートアスリート:全日本チャンピオン尾崎選手の腕にもデスクリプションホルダーが(写真提供:上林氏)
TRIMTEXサポートアスリート:全日本チャンピオン尾崎選手の腕にもデスクリプションホルダーが(写真提供:上林氏)

オリエンテーリングで重要なアイテムといえばシューズとコンパス。この2つは1秒でも速くフィニッシュするのに大きなウェイトを占めます。しかしより細かく注目していくとそれだけではなく、持っていると便利なアイテムがあります。その1つはディスクリプションホルダー。

 


ディスクリプションホルダーは、個人レース時に配布されるコントロールの位置説明リスト(ディスクリプション)を腕に取りつけるのに使うものです。地図にもこの位置説明はありますが、レース中にいちいち地図を広げて確認するのはストレス、時間もかかってしまいます(リレーの場合はこのやり方です)。ディスクリプションホルダーがあれば、瞬時にコントロール番号、位置などをスムーズに確認できます。トップ選手はもちろん多くの愛好者が使っています。

 

O-Ajariではディスクリプションを横に見て取り付けるTRIMTEX(ノルウェー)のものと、縦に見て取り付けるVapro:S/Lサイズ(スウェーデン)のものを用意しました。

 

自作できそうなアイテムの1つですが、本場の北欧のものを使ってみるのはいかがでしょうか。


TRIMTEX ディスクリプションホルダー

とてもシンプルで、プレスチック製のプレートにディスクリプションを挟み、ボタンで留めます。プレート長辺の片側に固めのストラップがついていて、もう片側の穴に布を通し、長さを調節して出来上がり。

Vaproディスクリプションホルダー

腕と平行して縦長につけます。2本のベルクロテープ付きのゴムで腕をホールドし、フィットするよう長さを調節できます。ディスクリプションケースも強力なベルクロテープで取り付けられています。


TRIMTEX ディスクリプションホルダー

 

見やすいディスクリプションホルダー

オリエンテーリングのレースでコントロールフラッグの位置説明の一覧表(ディスクリプションと言っています。*デフは正式名称ではありません)をスムーズに見ることができるよう、腕にそれを巻きつけられるホルダーです。

  

●サイズ  7 x 17 cm

 

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥1,080

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-4日

Vapro ディスクリプションホルダーS

 

見やすいディスクリプションホルダー

オリエンテーリングのレースでコントロールフラッグの位置説明の一覧表(ディスクリプションと言っています。*デフは正式名称ではありません)をスムーズに見ることができるよう、腕にそれを巻きつけらるホルダーです。ベルクロテープでケースと腕を取り付け、テープの長さも調整できます。

 

●カラー ブラック・オレンジ

●素材 

●サイズ 8 x 15 cm

 

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥1,080

  • 注文可能
  • 配送期間:3-4日

Vapro ディスクリプションホルダーL

 

見やすいディスクリプションホルダー

オリエンテーリングのレースでコントロールフラッグの位置説明の一覧表(ディスクリプションと言っています。*デフは正式名称ではありません)をスムーズに見ることができるよう、腕にそれ巻きつけられるホルダーです。

 

●カラー 

●素材 

●サイズ 8 x 20 cm

 

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥1,296

  • 注文可能
  • 配送期間:3-4日

尾崎選手、全日本チャンピオンに!

レース中の尾崎選手(写真提供:上林氏)
レース中の尾崎選手(写真提供:上林氏)

TRIMTEXサポートアスリート:尾崎弘和選手が全日本オリエンテーリング選手権(栃木県矢板市開催)で優勝、2度目の全日本チャンピオンになりました。2位以下の選手を4分近く離しての圧勝。おめでとうございます!

尾崎選手より以下にコメントが届いています。

 

尾崎選手のウェア

basic o shirts

extereme trx o pants

trx O socks

trimtex bi-elastic headband

 

2週間後にはいよいよエストニアで世界選手権が始まります。尾崎選手の活躍に期待しましょう。


TRIMTEXサポート選手の尾崎弘和です。

いつもご支援、応援ありがとうございます。

6月18日、栃木県矢板市において、全日本オリエンテーリング選手権(ロングディスタンス)がありました。

結果は優勝でした。2年ぶり、2度めの全日本ロングタイトルです。

 

1 尾崎 弘和 1:09:18 トータス

2 小泉 成行 1:13:04 O-Support

3 寺垣内 航 1:14:27 京葉オリエンテーリングクラブ

4 猪俣 祐貴 1:16:08 杏友会

5 松尾 怜治 1:16:50 東大OLK

6 堀田 遼 1:18:42 トータス

 

今回は、かなり練習を積んできたテレインだったのでナーバスな気持ちはありませんでした。

そういった意味で今年はラッキーだったなと思っています。日本で一番目標としていたレースだっただけに、勝てたことはすごくうれしいです。

 

2週間後から、世界選手権が始まります。今年は、しっかり準備ができているので、また新たな世界が見えるような走りができると思います。応援よろしくお願いします。

写真提供:(公社)日本オリエンテーリング協会、国沢氏

TRIMTEXオーダーメイドデザイン2017

TRIMTEXオーダーメイドデザインのパタンが新しくなりました。20種類ものニューサンプルがあり、そこから好きなパタンを選び、カラー、ロゴの位置など決めることができます。
残念ながらオンタイムでウェブでデザインするGO!Designは休止中ですが(再開連絡がきたら改めてお知らせします)、それを少しはカバーできるのではないでしょうか。

 

TRIMTEXオーダーメイドの特徴

  • 2017年より新しく20種類のデザインパタンができ、好きなパタンを指定してカラー、ロゴ位置などを決められる
  • 出来上がったデザイン案は3Dで確認。360度回転しチェックができ、着用したイメージがよりしやすくなる
  • デザインが決まるまでの手直し手数料無料
  • 少人数でもオーダーしやすい5着から可能
  • 学生クラブは5%、2回目以降同じデザインのオーダーは5%割引。最大10%割引
  • 国内配達料無料実施中
  • 納期は2-3か月

北欧らしいデザインとオリジナルカラーで作るウェアはワクワクしますね。

20パタンのデザインサンプル

オリジナルデザインを作るのはちょっと難しい。20種類あるテンプレートを参考にカラーやロゴ位置を選べます。

 

3Dでデザイン確認

出来上がったデザイン案は3D画像で確認。着用しているイメージがよりしやすくなります。サンプル3D(東大OLK39期さま)をご覧ください。

学生クラブ、リピートオーダー割引

学生のみで制作の場合は5%、同じデザインで2回目以降は5%割引します。



TRIMTEXオーダーメイドウェアについてのお問合せ

メモ: * は入力必須項目です

オリエンテーリングに適したシューズは

オリエンテーリングでこだわるギアは?

地図とコンパスを駆使し森をかけめぐるナビゲーションスポーツであるオリエンテーリング。15-90分とトレイルランなどと比べると短い競技時間で1秒のタイムを競うため、なるべく身軽な格好で臨みます。競技中は給水ポイントがあることが多く、リュックサックなどは背負うことはほぼありません。身に着けるのは走りやすい服装とシューズ、手に持つのは地図とコンパスのみ。ほとんど自分の身体1つ!とはいえ1秒でも早くフィニッシュするために工夫はしたいところ。ではどこにこだわるか

 

1 コンパス

2 シューズ

3 服装

4 ディスクリプションケース、ゲイターなどアクセサリー類

 

おのずとそれぐらいになりそうです。今回はそのうちシューズについて。

 

トレイルを外れることが多く、不整地の森の中でナビゲーションしていくオリエンテーリングでは、シューズもオリエンテーリングの特性にあったものを使用するのが良いでしょう。

・アウトソール(靴底)が固い ->踏み抜き防止

・アウトソールの高さは高すぎず ->捻挫防止、バランス確保

・滑りにくいグリップパタン ->地面をガッチリとらえ速く進む

・踏み抜きをしないようサイド(内側・外側、前面)のガードが頑丈ー>怪我の防止

・枝が入らないようメッシュの生地でないもの ->怪我、走りやすさを優先

・滑らないよう靴底に短いピンがついたもの ->速く走るため

 

オリエンテーリングが盛んな北欧では専用ブランドのシューズが展開されています。しかし残念ながら日本では手軽に購入することができません。近いものでトレイルランニング用のシューズがありますが、上記のことに注意して選ばないと怪我をしやすくなります。ただ軽ければよい、グリップがよければよいというものではないのです。オリエンテーリングだけにとどまらず、同じナビゲーションスポーツである山野をフィールドとしたロゲイニングやマウンテンマラソンなどにもあてはまるでしょう。

 

サッカーシューズも手ごろな値段やグリップ、生地の頑丈さから選択しているが見受けられますがが、それはフラットな芝生の上、土の上でこそ真価が発揮されます。不整地の斜面を駆け巡るオリエンテーリングでは脚に負担がかかり、故障の原因になりえます。

 

競技に適した安全なシューズを

O-Ajariではオリエンテーリングをするみなさんに、競技に適したシューズをセレクトし紹介しています。

取り扱っているinov-8は2003年、クロスカントリーが盛んなイギリスで立ち上げられました。数々のトレイルランシューズ、ランニングシューズ、クロスシューズを展開していて、オリエンテーリングで使うのに適したシューズもあります。不整地での走りを意識した作りのシューズは、通常のトレイルシューズに比べてサイドやアッパー、生地などが頑丈でグリップ力も強いものです。

 

選んだ4足は、展示会に足を運び、実際にシューズを目にし、担当者と話をしてセレクトしました。またモニターのトップ選手からは高い評価をいただいています。

軽いシューズは安全面でリスクをともなう場合がありますが、これらはグリップの良さをはじめ、生地、サイド、アッパーとも頑丈な作りとなっています。

 

Mudclaw300

X-Claw275

Arctic Talon275 ->ピン付き 

X-talon212 ->上級者向け

X-talon230 2018.1より

 

最近のトレイルランシューズは軽量化が進んでおり、inov-8のシューズも例外ではありません。アウトソール(靴底)が薄いシューズもあります。リスク管理を心得たうえで、競技フィールドに適したシューズを選択し不整地でのラインの取り方を身につけて、安全に走れるよう自らの工夫も必要でしょう。

 

ウェブサイトからの購入はこちらから。

http://www.o-ajari.com/shoues/

 

モスクワコンパスプレートタイプ2LC

 

コンパスにもいろいろな種類があります。Made in Moscowのモスクワコンパスは競技志向の高い人はもちろん、確実に早くナビゲーションしたい人たちのために、磁針の止まりを早くしているものや指に取り付けるコンパスを提供しています。

 

今回細かく表記された地図をより楽に見やすくするために、大きなレンズ付きのプレートコンパスがリリースされました。

これによりマップコンタクトがよりスムーズになるのではないでしょうか。


レンズ付きコンパスとレンズ付きプレートのみ、磁針カプセルを紹介します。

プレートコンパス2LC

プレートコンパスをベースに、レンズとモスクワコンパスのフラグシップモデルである磁針カプセルfastを取り付けたコンパスです。

大きな拡大レンズが特徴
大きな拡大レンズが特徴
通常の2Cタイプと比べるとレンズの大きさが明らか。プレートコンパスの強みである正確な直進は拡大レンズにより少しやりづらいかもしれません
通常の2Cタイプと比べるとレンズの大きさが明らか。プレートコンパスの強みである正確な直進は拡大レンズにより少しやりづらいかもしれません

レンズ付きプレートのみ

すでにモスクワコンパスをお持ちの人は、プレートのみを購入して磁針カプセルを交換できます。

磁針カプセルはついていません。交換用のカプセルを固定する針金がついています
磁針カプセルはついていません。交換用のカプセルを固定する針金がついています
レンズ付きプレートに取り外した磁針カプセルをはめます
レンズ付きプレートに取り外した磁針カプセルをはめます
まずは手持ちのモスクワコンパスの磁針カプセルをはずす作業から。裏返します。
まずは手持ちのモスクワコンパスの磁針カプセルをはずす作業から。裏返します。
磁針カプセルをはめたら裏返します
磁針カプセルをはめたら裏返します
先の細い工具(安全ピンは柔らかすぎるかもしれません)を使い、針金を外します
先の細い工具(安全ピンは柔らかすぎるかもしれません)を使い、針金を外します
針金をはめます。ちょっとテクニックがいるかもしれません。たったこの細い針金がカプセルを固定し回すようにしています
針金をはめます。ちょっとテクニックがいるかもしれません。たったこの細い針金がカプセルを固定し回すようにしています

磁針カプセル(Stable)

フラグシップモデルの磁針カプセルFastでは針が動きすぎてこまるという声にお応えして、すこしゆったりめなカプセルStableを用意しました。

磁針カプセルStableは安定した磁針の動きで方角を指します
磁針カプセルStableは安定した磁針の動きで方角を指します
フラグシップモデルFastとの違いはリングの色だけではなく、カプセルの中に入っている丸い透明なプレートの大きさと磁石の性能の差です。トップ選手でもStableのほうが好きな選手もいます
フラグシップモデルFastとの違いはリングの色だけではなく、カプセルの中に入っている丸い透明なプレートの大きさと磁石の性能の差です。トップ選手でもStableのほうが好きな選手もいます

ご購入は5/18(木)12:00より下記より可能です。少数入荷、次回入荷は未定となっています。

 

https://www.o-ajari.com/compass/

 

 

土井選手、優勝!比叡山international trailrun 50mile

5/13(土)比叡山周辺行われたトレイルランニングレース、比叡山international trailrun 50マイルの部でTRIMTEXサポートアスリートの土井陵選手が優勝しました。

 

3回目となるこの大会は、プロトレイルランナーの鏑木氏がプロデュース、今回初めて50マイル(約80㎞)カテゴリーが設けられ、100人の定員で開催されました。悪天候の中完走者はたった20人。土井選手は圧倒的な速さで後続を30分以上を離し、トップでフィニッシュしました。

 

『KOREA50kに続きよい走りができた、コンディションもよかった』とコメントをいただいています。

 

次は6月末イタリアで開催されるレース(120㎞)に出場し、目標である8月UTMBに向けて調整をする予定です。

 

 

土井選手のwearing

TRIMTEX Fast Tシャツ

TRIMTEX Runショートタイツ(ブラック)

 

お休みのお知らせ

定休日の土曜日、日曜日から続いて本日5月1日(月)ー5月7日(日)までお休みとなります。

この間、ご注文やお問合せは受付していますが、メール対応、商品の発送はお休みとなりますので、予めご了承ください。

5/8(月)以降順次対応します。ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようお願いします。

 

土井選手、KOREA50Kで準優勝

4/23(日)韓国で行われたトレイルランニングレース KOREA50KでTRIMTEXサポートアスリートの土井陵選手が準優勝となりました。

『途中、心が折れそうになったこともありましたが何とか走りきることが出来ました!結果についてはおまけで、それよりも最後まで走りきれたことがうれしいです。』

 

故障からの復帰戦で好成績とは何より。8月のUTMBへ向けて準備が着々と進んでいるようです。引き続きO-Ajariでは土井選手のサポートをしていきます。

 

土井選手のwearing

TRIMTEX Fast Tシャツ

Runショーツ

限定ロゴ入りTrainer TXロングパンツ

2/19(sun)オリエンテーリングイベントに出店します

2/19(sun)神奈川県相模原市コミュニティ広場を会場にして行われるオリエンテーリングイベント、早大OC大会に出店します。オリエンテーリングや本格的な不整地で適したシューズ、TRIMTEXウェア、リーディンググラスなど販売予定。

実際にアイテムを見られる、試し履きできる良い機会ですのでお立ち寄りください。


イベントサイト:http://occompetition.wixsite.com/37th-oc-comp

別府大分マラソンに出場した土井選手から

TRIMTEXサポートアスリートの土井陵選手からステキな写真が届きました。由布岳へ登ってきたそうです。

 

その前日は別府大分マラソンに3月の香港100㎞トレイルレースの刺激走として出場、2時間37分とタイムは今一つということでしたが、香港のレースに向けてよいステップになったようでした。

標高高いエリアではまだまだ寒い冬が続きます。

土井選手のwearing
TRIMTEX Feather Jacket(Runarx Running CO.でお取り扱い)

Trainer TXロングパンツ

ジュニアチャンピオンオリエンテーリング大会

本日、多摩オリエンテーリングクラブ主催のジュニアチャンピオンを決める大会が青梅市・飯能市周辺で開催されました。
見事チャンピオンに輝いた折橋旺選手、宮本和奏選手へInov-8のシューズX-Claw275を進呈しました。おめでとうございます!

このシューズはトレイルラン用ですが、トレイルだけではない不整地を走り、踏み抜きや枝が進入しやすいオリエンテーリングでも十分に耐えうるシューズとしてO-Ajariでも取り扱っています。

 

出店もしました。いつもウェブショップでしか扱っていない商品ばかりなので、”ここでしか見られないし買えない”と試着、試し履きなど多くの方にご利用いただきました。ありがとうございました。

年末年始休暇のお知らせ

12月29日(金)~2017年1月9日(月)までお休みとなります。この間、ご注文やお問合せは受付していますが、メール対応、商品の発送はお休みとなりますので、予めご了承ください。1/10(火)以降、順次対応いたします。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

 

2016年はO-Ajariにとってチャレンジングな年でした。土井陵選手(トレイルランニング)、尾崎弘和選手(オリエンテーリング)へのTRIMTEXウェアサポート、日本オリエンテーリング協会ナビゲーションシリーズ(ロゲイニング)の協賛、同協会強化選手への賛助金キャンペーン商品の制作、TRIMTEXウェアの小売店販売、ノルウェーのTRIMTEX社訪問など、新しいコミュニケーションと可能性の数々がありました。

 

多くのみなさまに支えられ充実した1年、本当にありがとうございました。

 

これからもTRIMTEXを始め、ナビゲーションスポーツに携わるアイテム、ノルウェーの自然等々を紹介してまいりますので、2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

みなさまもステキな年をお迎えください。

 

O-Ajari 田島利佳

Be safe, keep running Reflect item from TRIMTEX

南北に細長いノルウェー。この時期オスロは9時に日がのぼり、15時にはしずんでしまう。北極圏では一度も現れず1日が終わる。暗く長い冬が続くのこの国では防寒はもとより、外でのトレーニングやお散歩をするのに工夫が必要です。

 

ノルウェーに本社を置くTRIMTEXはそんな環境でもしっかりとトレーニングやアウトドアで遊べるようなプロダクトを作りだしています。

このReflectシリーズのCap、Glove, Tights、Headbandは、Be safe, keep runningをテーマにし、生地の表面に特殊な反射塗料を織り込み、暗い外でも存在が目立つようにしたユニークなもの。周囲から見ればピカピカと光ってなんだ!と思うかもしれませんが、快適にトレーニングに集中し、安全を確保するのは大事なことです。

 

ジャケットやタイツの一部に反射テープや塗料が塗られているものは多いですが、さらに目立つようキャップやヘッドバンド、グローブ、タイツそのものを照らすものは多くありません。暗やみで自らの存在をアピールしましょう。


New!! TRIMTEX Refrectキャップ(ブルー)

Be Safe, keep running.

今シーズン、TRIMTEXが掲げているテーマの1つ。北欧は夏は白夜が続くことでよく知られていますが、反対に冬は昼から暗い時間が多く続きます。そんな環境でも安全に気持ちよく走るためのギアがあれば安心してトレーニングに集中できる、そのためのキャップです。

ユニークなのは暗闇になり、光があたるとキャップ自体が反射すること。反射性粒子が生地に施されています。これにより周囲に自らの存在をアピールすることができるのです。

縦横に弾力性をもつ、特別に加工された生地を使っているため、頭にきっちりとフィットしますがきつすぎません。かぶり心地がとてもよく寒い季節に大活躍するでしょう。裏側の生地はメッシュになっているので蒸れず通気性を保ちます。

お客さまからの着用レポート

 

●カラー ブルー

●素材  PIXEL  made in Italy 

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥4,600

  • 売り切れ

TRIMTEX Reflect Airヘッドバンド(ブルー)

      

●カラー ブルー

●素材 

●幅 10cm

  

Be Safe, keep running.

TRIMTEXが掲げているテーマの1つ。北欧は夏は白夜が続くことでよく知られていますが、反対に冬は昼から暗い時間が多く続きます。そんな環境でも安全に気持ちよく走るためのギアがあれば安心してトレーニングに集中できる、そのためのヘッドバンドです。

ユニークなのは暗闇になり、光があたるとキャップ自体が反射すること。反射性粒子が生地に施されています。これにより周囲に自らの存在をアピールすることができるのです。

縦横に弾力性をもつ、特別に加工された薄く軽い生地を使っているため、頭にきっちりとフィットしますがきつすぎません。かぶり心地がとてもよく寒い季節にも大活躍するでしょう。サイドには蒸れを防ぎ、また音を遮断しないための通気口が設けられています。

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥3,900

  • 残りわずか
  • 配送期間:3-4日

TRIMTEX Reflect Airヘッドバンド(コーラルピンク)

●カラー コーラルピンク

●素材 

●幅 10cm

  

Be Safe, keep running.

TRIMTEXが掲げているテーマの1つ。北欧は夏は白夜が続くことでよく知られていますが、反対に冬は昼から暗い時間が多く続きます。そんな環境でも安全に気持ちよく走るためのギアがあれば安心してトレーニングに集中できる、そのためのヘッドバンドです。

ユニークなのは暗闇になり、光があたるとキャップ自体が反射すること。反射性粒子が生地に施されています。これにより周囲に自らの存在をアピールすることができるのです。

縦横に弾力性をもつ、特別に加工された薄く軽い生地を使っているため、頭にきっちりとフィットしますがきつすぎません。かぶり心地がとてもよく寒い季節にも大活躍するでしょう。サイドには蒸れを防ぎ、また音を遮断しないための通気口が設けられています。

 

【日本郵便のクリックポストで発送(¥164)】

¥3,900

  • 売り切れ

TRIMTEX Reflect Runグローブ

 

Be Safe, keep running. 白みを帯びたグレーカラーの登場

今シーズン、TRIMTEXが掲げているテーマの1つ。北欧は夏は白夜が続くことでよく知られていますが、反対に冬は昼から暗い時間が多く続きます。そんな環境でも安全に気持ちよくトレーニングし走るためのギアがあれば安心してトレーニングに集中できる、そのためのグローブです。

ユニークなのは暗闇になり、光があたるとグローブ自体が反射すること。反射性粒子が生地に施されています。これにより周囲に自らの存在をアピールすることができるのです。

手の甲は左右非対称のデザイン。白みを帯びたグレーがスマートです。手のひら側はブラック一色となっています。

裏地は起毛素材、かつ薄い生地なので暖かいのはもちろん、手にぴったりと収まります。真夏を除いてまだ朝晩気温が低い時期も活躍するグローブです。

 

まっつんぱぱさんの商品レポート なかなか斬新な写真も!

 

●カラー ブラック・グレー・ロゴ

●素材 ポリエステル(メインの素材はイタリア製のVeltaという主にロードレーサー(自転車)に使用する記事を使用。リフレクションの素材生地もイタリア製)

●サイズ ユニセックス S M L

 

¥4,800

  • 売り切れ

【限定】TRIMTEX Reflect ロングタイツ

 

ソフトな肌触り。夜、安全に外を走れるロングタイツ

Be safe,  keep running. TRIMTEXが掲げているテーマの1つ。日が暮れるのが早い冬は、走るとき車やルートの確保に気を遣います。そのようなとき安全に気持ちよく走るためのギアがあれば安心してトレーニングに集中できるでしょう。ユニークなのは暗闇で光があたると、ステッチやロゴマーク、サイドの生地が反射すること。反射性粒子が施されているので、周囲に自らの存在をアピールできるのです。

 

Reflectタイツは、長年ベストセラーだったソフトな肌触りの快適なタイツ:Advance TRXロングタイツと同じような肌触りの生地です。感触がとても気持ちよく、一度このタイツをはいてしまうと他のタイツをはこうという気にならないほどです。締め付けもきつすぎません。ウェスト部分はストレスを感じないよう幅広のゴムにしています。数日間に及ぶトレイルランニングレースや縦走、テント内の休息時にリラックスして着用していられる1枚。実際、2016年のトルデジアン(イタリア北部で行われる330㎞/制限時間150時間のトレイルランレース)で日本の女子トップ選手でもある鈴木潤子選手が着用しました。

 

通気性をよくするため、膝の後ろ部分はメッシュになっています。また腰下部にジッパーつきのポケットがあるので小銭、キー、少量の補給食を入れることができます。裾のサイドには着脱しやすいジッパーがついています。

 

●カラー ディープブラック

●素材 78%Polyamide/22%Elastin(ポリエステル) made in Italy

●Unisex

 

【クリックポスト可】

日本郵便のクリックポスト(164円)で発送が可能です。(A4サイズ、厚さ3cmまで)

・その場合お支払いは、銀行振込に限ります。

・お届けは発送から2~4日後に住所の郵便受けに投函されます。

・通常の時間指定発送の場合はゆうパックの¥600となります。

 

 

 

¥11,800

  • 売り切れ

TRIMTEXのCapが入荷しました

ニューカラーを始めとしたTRIMTEX Capが入荷しました。

好評のTrainer TX Pantsと同様、他アクセサリーもシンプルながら高品質なものを提供しているのがTRIMTEX。特にこの季節、冬のプロダクトは北欧らしく、寒さと暗い中でも最大限にパフォーマンスを上げ、安全に体を動かせるような工夫がされています。

 

Bi-Elastic Air Capは新色のシンプルなブラックを始め、タコイーズブルー、ブルーストライプを揃えました。
本格的な冬が到来、アウトドアフィールドでは、体の末端である耳、頭をホールドし温めることで体感温度がずいぶん違ったものになります。Air Capはイタリア製の生地から制作され、薄く軽く、ストレッチ性があるので、かぶっていることのストレスが感じられません。また通気性を兼ねて両サイドに直径1㎜ほどの小さないくつかの穴を開けて、外部の音が遮断されないようにしています。縫い目の1カ所には細く反射テープを織り込んでいて、暗い夜でも車などから目立つようにし危険を防ぎます。TRIMTEXらしく、さりげなく安全面にも工夫を凝らしています。

冬のレースにもトレーニングにも、アンダーキャップとしても使える1枚です。

 

Reflect CapはTRIMTEXがBe safe, Keep Runningとして掲げているReflect Tights, Reflect Gloveと同じシリーズです。

一見普通に見えるキャップですが、光を当てるとキャップ自体が反射し、暗い中でも光が当たるので、車の中からでも遠くから存在を確認できるようになっています。内側はメッシュがほどこしており、吸汗性にすぐれています。

 

この冬も快適なアウトドアアクティビティを過ごせるよう、お気に入りのcapを見つけてはいかがでしょうか。

 

online shoppingはこちらから。

http://www.o-ajari.com/accessory/

 

TRIMTEX Trainer TXロングパンツの入荷・注文について

今の季節、トレーニングパンツとして、ハイキングパンツとして活躍する好評のTRIMTEX Trainer TXロングパンツ。入荷についてたくさんのお問合せをいただいています。入荷スケジュール、ご注文の受付は下記を予定しています。

 

 

ネイビー(数量限定) 全サイズ 12月2日(金) 21:00~

ブラック M、XL 12月20日前後 ->12月21日(水) 21:00~

ブラック S 2017年1月中旬

 

http://www.o-ajari.com/tracksuits/

 

ブラックSサイズは、製造が現地でも追いつかず入荷は1月中旬を予定しています。お待ちしているみなさまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただきますようお願いします。

なお、ご注文後、随時ご連絡・発送手配をしていますが、お時間がかかる場合があることをご了承ください。

モスクワコンパス拡大レンズキットがニュータイプに

細かい地図表記も拡大鏡で見やすく

すべてのモスクワコンパス、サムコンパスに取り付けることが可能な拡大レンズキットがニュータイプとして登場しました。サムコンパスのプレートの穴が空いている部分に取り付けます。

縮尺が小さく表記が細かい地形図やオリエンテーリング地図など、レンズで拡大することによりより地図を読みやすくなるでしょう。

オリエンテーリングの北欧トップ選手も使用しています。

 

ニューモデルは支柱とレンズを支えるつなぎ部分が改良され、転倒すると壊れやすかったデメリットをなくすようにしています。


モスクワコンパス:サムコンパス用拡大レンズキット

 

ニュータイプ登場

細かい地図表記も拡大鏡で見やすく

すべてのモスクワコンパス、サムコンパスに取り付けることが可能です。サムコンパスのプレートに穴が空いている部分に取り付けます。

縮尺が小さく表記が細かい地形図やオリエンテーリング地図など、レンズで拡大することによりより地図を読みやすくなるでしょう。

 

ニューモデルは支柱とレンズを支えるつなぎ部分が改良され、転倒すると壊れやすかったデメリットをなくすようにしています。

持ち運びの際は専用のプラスチックケースなど頑丈は外箱を用意し、その中に入れておくと安心です。=>写真は無印良品のボックスです。

 

 

¥3,780

  • 売り切れ

11.26-27朝霧野外活動センターで会場販売をおこないます

週末はオリエンテーリングin朝霧・朝霧ロゲイニング。朝霧高原周辺で富士の裾野を駆け巡るダイナミックなナビゲーションイベントが開催されます。
会場の朝霧野外活動センターでは、Inov-8、TRIMTEXウェア、モスクワコンパス、Ra-shinコンパスなどを販売予定です。ウェブショップにはない掘り出し物もあるかもしれません。ご利用ください。

 

お休みのお知らせ ノルウェーへ

いよいよ10月。金木犀の香りが漂ってくると、運動しても汗をかく量が違ってくると、季節の移り変わりを感じます。


さて、10月、11月とお休みが多くなりご迷惑をおかけします。2週間後、ノルウェー、イギリスに向けて旅立ちます。
メインはスコットランド北西部のTHE OMM出場。その前にノルウェーに出向き、TRIMTEX社訪問と遅い夏休みを取ることにしました。

TRIMTEX本社はノルウェー南部の海岸沿いにある小さな町Lillesandにオフィスを構えていますが、今回訪問するのは首都オスロから電車で約1時間のAsker. セールスディビジョンがあるオフィスです。その前後にリレハンメル、オスロの森を走ったり歩いたりしてきます。せっかくなのでオリエンテーリングもしようかな。

 
担当のJonasはとてもフレンドリーでオリエンテーリングノルウェーのトップ選手でもありジュニアチームのコーチをしています。お勧めのトレッキングエリアなどあれこれ教えてくれ、トレーニングも一緒にやろう!と言ってくれました。

ノルウェーの森は6年ぶりでとてもワクワクしています。ただ10月はもう冬もいいところ。ロングトレイルはあちこちにたっぷりあるのですが(数百キロのコースも!)、すでに山小屋は閉まっているので日帰りで行けるとこをセレクトしました。

 

お休み 10.12(水)-11.6(日) 11.9(水)-11.14(月)

 

現地からはまたいろいろとお伝えできたらな、と思っています。

お休みの間、メール対応、発送等が止まりご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承お願いいたします。

TRIMTEX、店舗でのお取り扱い

TRIMTEX Trainer TXパンツは下記ショップにて取り扱っていただいています。
試着、サイズ感や質感、カラーなどがご確認できます。お近くのかたは足を運んでいただき、ぴったりなサイズをおもとめください。
なお好評のLuxor HoodieについてもRunarx Running Companyにございます。


TRIMTEX Advanceウィンタータイツをはいて山へ

10月末にスコットランド北西部で開催されるTHE OMMに出場するため、その練習とギアテストをしてきました。
国内では競技責任者を務めていますが(OMM JAPAN)、本国のレースは2014年より参加者として出場、残念ながら過去A、Bクラスストレートとも記録なし。ナビゲーションも山のスキルも、フィジカルも人よりあるだろう我々にとっても壁が高いこのレースに、最後の挑戦として臨みます。

ウェアのチェックは欠かせませんが、基本的には過去と同様。オーバーウェアは提供していただいたOMMのカムレイカ、他はTRIMTEXウェアを使用しています。


今回はTRIMTEX Advanceウィンタータイツを八ヶ岳稜線で着用してみました。

テント内はAdvance winterタイツでくつろぐ。これで寝袋に入ります
テント内はAdvance winterタイツでくつろぐ。これで寝袋に入ります

今までのボトムはTRIMTEX Advanceタイツ+Trainer TXパンツ。暴風雨がひどいときはさらにOMMのカムレイカを着用します。

Advanceタイツのいいところは、とてもやわらかい生地で履き心地がとにかくいいこと。くたくたに疲れてドロドロ、決してきれいとはいえないテント内で、ふだん感じるようなタイツの締め付け感、ピタピタ感がないので、それ1枚でストレスなく気持ちよく過ごせるのです。寝袋の中でも違和感なく眠れてしまう。なのでとっても外せない1枚なのですが、何しろ廃盤モデルになってしまってみなさんにご紹介できない。。

(*M、Lサイズは在庫あります)

 

が、同じ生地を使い、裏地が起毛になっているウィンタータイツはさらに暖かく製造継続とのこと。

 

Advanceウィンタータイツはさすがに起毛されているので、生地も厚い。しかし風が吹き、太陽に恵まれなかった標高2,900mでも寒さは感じませんでした。これ1枚で厳寒期のランやスキートレーニング、レースも大丈夫でしょう。さすが北国ノルウェー発。

もちろん生地の柔らかさと肌触りはよいまま。フラットシームなので縫い合わせているラインも気になりません。

 

ウェストのゴム部分は幅が広く締め付け感が分散されているのがいいです。裾のサイドにはジッパーがありますが、それを開けてシューズが脱げるほどの長さではありません。暗闇でも安全が確保できるよう反射テープがついています。

 

THE OMM UK 2015
THE OMM UK 2015

反射テープは前面の太もも部分にも両方に斜めに入っています。これで前方から車、自転車もろもろがやってきても視認できて安全確保できるでしょう。背面の腰部分にはジップ付きのちいさなポケットがあります。ここにキーやジェルやあめだまなど小さな補給食を入れられます。もちろん反射テープがついているので後ろからも目立ちます。


これ1枚履いてしまうとオーバーパンツはいらないかもしれません。上から短パンをはくよりバリバリこのタイツ1枚でアスリートモードでいくのもいいかもしれないですね。トレイルランニングレースで冬用タイツ必携の場合はこのタイツでカバーできるでしょう。

これからの季節に重宝しそうな1枚です。


スコットランドに持っていくことにしました。

田島(身長162㎝) 

TRIMTEX AdvanceウィンタータイツSサイズ

TRIMTEX Trainer TXロングパンツ Sサイズ
TRIMTEX Strom lightweight down jacket W'S Sサイズ
TRIMTEX チューブバンダナ


TRIMTEX Advance ウィンターロングタイツ

 XS、Mサイズは10月末再入荷予定です

肌触り抜群の冬用ロングタイツ

起毛された裏地により、ソフトな肌触りで保温性のあるロングタイツです。寒い日のトレーニングやレース、ウォーキングやウォーミングアップに活躍します。生地はPolyamide78 % 、Elastan22 %の柔らかい生地でストレッチに優れ、優れた吸汗性があり、適度な保温性を持っています。

腰下部にジッパーつきのポケットがあるので小銭、キー、少量の補給食を入れることができます。またリフレックステープがついているので、暗い中でも安全なトレーニング環境が提供されるでしょう。裾のサイドには着脱しやすいジッパーがついています。前面の太ももとともにリフレックステープ付きです。

 

生地が厚めで防寒に優れているので、このタイツ1枚で駆け回れそうです。ランだけではなく自転車や登山時のインナータイツとしても活躍しそう。肌触りがとてもソフトで締め付けもきつすぎません。フラットシームのため、生地の縫い合わせラインのストレスを感じません。
極寒時に着用する1枚として重宝しそうです。

 

●カラー ブラック ステッチ;burakku

●素材 Polyamide78 % 、Elastan22 % made in Italyの生地を使用しています。

●重量 250g

●男女兼用

 

【クリックポスト可】

日本郵便のクリックポスト(164円)で発送が可能です。(A4サイズ、厚さ3cmまで)

・その場合お支払いは、銀行振込に限ります。

・お届けは発送から2~4日後に住所の郵便受けに投函されます。

・通常の時間指定発送の場合はゆうパックの¥600となります。

¥11,800

  • 売り切れ

お休みのお知らせ

急なお知らせとなりますが、休業日を含めまして、来週より数日のお休みをいただきます。
この間、ご連絡、発送の対応をできかねること、ご了承ください。

9/24(土)-9/27(火) 

 

28日より順次対応いたします。また10月以降も長期休業が続きます。ノルウェーのTRIMTEX社訪問などを兼ねています。

10.12(水)-11.6(日) 

11.9(水)-11.14(月)

秋冬の新商品がぞくぞくと入荷してきており、ご注文をいただいている状況でご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

Rondane, Norway
Rondane, Norway