尾崎弘和選手、スカイランニングレースで入賞!

TRIMTEXウェアをサポートしている、現オリエンテーリング日本チャンピオン(ロングディスタンス)の尾崎弘和選手は、今シーズン積極的にスカイランニングに取り組んでいます。4月に行われたオリエンテーリング世界選手権(8月ラトビア)の日本代表選考会では、引き続き代表選手となり、スプリントディスタンスでの出場を予定しています。フィジカル、メンタル、外の世界で経験を積み、さらに成長する尾崎選手を応援したいものです。この週末はオリエンテーリング日本選手権が開催、ディフェンディんぐチャンピオンの尾崎選手がどのようなレースをするかも注目です。

 

尾崎選手からの報告が届いています。ご覧ください。

スカイスピード日本選手権(2018.6.10)で力走する尾崎弘和選手
スカイスピード日本選手権(2018.6.10)で力走する尾崎弘和選手

TRIMTEXサポート選手の尾崎です。4月~6月の報告をさせていただきたいと思います。

 

4月は、世界選手権の選考会がありました。

今年は、ラトビアで開催されます。私はスプリントに出場することになりました。スプリントは昨年から継続的な準備を進めてきた種目です。今年は目標としている世界選手権決勝進出を目指して取り組んでいきます。

今週末は全日本です。残りの時間を有意義に過ごし、集中した走りができるようにしていきます。

 

今シーズンは、オリエンテーリングに加え、スカイランニングも取り組み始めました。その結果も報告したいと思います。

今シーズンは、4月に新潟、5月に上田、伊那、滋賀、6月に菅平で大会に出場しました。

 

4月のレースは、粟ヶ岳を登山するレースでした。途中から雪が多く、走るのが難しかったです。ただ、初めてのバーティカルレースでトップ10入りを果たすことができ、さらに上を目指していきたいと感じるレースでした。

 

5月は、長野の上田でのレースに出場しました。このレースは、25キロ、獲得標高3000mというかなりタフなレースでした。私は、事前に試走を行っていたこともあり、いい走りができたと思います。ただ、最後に粘ることができず、結果は13位でした。かなりいいイメージのレースだっただけに残念でしたが、来年への課題、伸びしろとしてトレーニングしていきます。

 

6月は、菅平のレースがありました。

その中で、スカイスピードと呼ばれるスキー場300mを駆け上がるレースがありました。予選決勝方式で、上位2名が勝ち上がるレースです。私は予選、準々決勝、準決勝、決勝と走りました。

結果は5位。準々決勝、準決勝で力を出し尽くしてしまいました。

ただ、オリエンテーリングと違った、他のランナーと競り合う感覚、絶対に勝つという執念、3分弱にすべての集中を持っていくという感覚はとても新鮮で楽しいものでした。初めてのスカイランニングでの表彰はうれしいものでした。

来年はトップ3を目指して走ってきます。

 

今回はスカイランニングが多めの報告でしたが、次回はオリエンテーリングが中心になると思います。今後も宜しくお願いいたします。

びわ湖バレイスカイ
びわ湖バレイスカイ
粟ヶ岳VK
粟ヶ岳VK