尾崎弘和選手:2017シーズン総括

TRIMTEXサポート選手の尾崎です。2017シーズンが終了しました。

今シーズンのまとめの報告をします。

 

今シーズンは、変化の一年にするべく、取り組んできました。具体的には、世界の選手と最も大きな差がある部分である、フィジカル(ランニングタイム、筋力)の強化に重点を置き、トレーニングを続けてきました。

 

結果は、よかった面もあれば、改善すべき所もあります。

 

まずよかった面についてです。

 

始めに、全日本ロングで優勝できました。この一年、全日本の優勝は大きな目標でした。特にロングは、オリエンテーリングの総合力が試される種目であり、そこで優勝できたのは大きな自信になりました。

 

 

次に、ワールドカップで昨年と違う感覚の走りができたことです。ワールドカップは非常にレベルが高く、結果を出すのは簡単ではありません。その中で、結果は出ませんでしたが、随所に今までの自分より早い自分を感じることができました。タイムを見ても、世界の中位に届きそうな距離であり、この感覚は初めてで、とてもうれしいものでした。

 

最後に、ランニングタイムが向上したことです。この一年大きな怪我無くトレーニングに励むことができました。その結果、3000m、5000mのタイムともに昨年から10秒以上縮めることができました。

 

改善すべきところは、まだ世界レベルに到達できるトレーニングが達成できていないところです。自分のトレーニングは、まだ世界のレベルには達していません。それでは世界の選手と戦うことはできないので、この冬は、怪我無く去年より多く、質の高いトレーニングを積んできます。

 

引き続き、よろしくお願いします。